Trusted WordPress tutorials, when you need them most.
Beginner’s Guide to WordPress
WPBカップ
25 Million+
Websites using our plugins
16+
Years of WordPress experience
3000+
WordPress tutorials
by experts

WordPressとGDPRコンプライアンスの究極ガイド

編集メモ: WPBeginner のパートナーリンクから手数料を得ています。手数料は編集者の意見や評価に影響を与えません。編集プロセスについて詳しく知る。

GDPRとは、General Data Protection Regulation(一般データ保護規則)の略で、サイトを利用するユーザーのプライバシーを保護する欧州連合の法律です。ユーザーからは、GDPRについてわかりやすく説明してほしい、WordPressサイトをGDPRに対応させるためのヒントを教えてほしいというメールが何十通も届いています。

この投稿では、GDPRとWordPressについて(複雑な法律的なことは抜きにして)知っておくべきことをすべて説明します。

The Ultimate Guide to WordPress and GDPR Compliance

免責事項

私たちは弁護士ではなく、このサイトに掲載されているいかなる情報も法的助言とみなされるべきものではありません。

WordPressとGDPRコンプライアンスに関する究極のガイドを簡単にナビゲートできるように、以下の目次を作成しました:

GDPRとは何か?

一般データ保護規則(GDPR)は、2018年5月25日に施行された欧州連合(EU)の法律である。GDPRの目的は、EU市民が個人データをコントロールできるようにし、世界中の組織のデータプライバシーのアプローチを変えることである。

What is GDPR?

ここ数年、Googleなどの企業からGDPRや新しいプライバシーポリシー、その他法律的なことに関するメールを何十通も受け取っていることだろう。それは、EUが規制に従わない人々に対して大きな罰則を設けたからです。

GDPRの必須要件に準拠していない企業は、企業の世界年間売上高の最大4%または2000万ユーロ(いずれか大きい方)という多額の罰金に直面する可能性がある。これは、世界中の企業に広範なパニックを引き起こすのに十分な理由である。

CCPAとは何か?

カリフォルニア州は2020年1月1日に同様の個人情報保護法を導入したが、潜在的な罰金ははるかに低い。

カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)は、カリフォルニア州住民の個人情報を保護することを目的としています。CCPAは、カリフォルニア州居住者に対し、どのような個人情報が収集されているかを知る権利、削除を要求する権利、データの販売からオプトアウトする権利を与えています。

この記事ではGDPRに焦点を当てますが、この記事で挙げるステップの多くは、CCPAに準拠するためにも役立ちます。

ここで、皆さんが考えているかもしれない大きな疑問が浮かぶ:

GDPRはWordPressサイトに適用されますか?

答えはYESである。EUに限らず)世界中の大小を問わず、すべてのビジネスに適用されます。

WordPressサイトにEU諸国からの訪問者がある場合、この法律が適用されます。

でも、慌てないで。世界の終わりではないのだから。

GDPRはそのような高水準の罰金にまでエスカレートする可能性があるが、最初は警告から始まり、次に譴責、そしてデータ処理の停止となる。

そして、法律に違反し続けた場合にのみ、多額の罰金が科される。

GDPR Fines and Penalties

EUはあなたを捕まえようとする邪悪な政府ではない。その目的は、プライバシーの侵害につながりかねない無謀なデータの取り扱いから、罪のない消費者を守ることにある。

私たちの意見では、この最高額の罰金は、FacebookやGoogleのような大企業の注意を引き、この規制が無視されないようにすることを主な目的としている。さらに、これは企業が人々の権利を保護することに実際に重点を置くことを奨励する。

GDPRで何が必要なのか、そして法律の精神を理解すれば、どれもそれほどおかしなことではないことに気づくはずだ。

また、WordPressサイトをGDPRに対応させるためのツールやヒントもご紹介します。

GDPRでサイトオーナーに必要なこととは?

GDPRの目的は、ユーザーの個人識別情報(PII)を保護し、企業がこのデータを収集、保存、使用する方法に関してより高い基準を課すことである。

この個人データには、ユーザーの名前、メール・アドレス、物理的住所、IPアドレス、健康情報、収入などが含まれます。

GDPR Personal Data

GDPR規則は200ページにも及ぶが、ここでは最も重要な柱を紹介する:

個人情報の収集には明示的な同意が必要です。

EU居住者から個人データを収集する場合は、明示的、具体的、かつ明確な同意または権限を取得する必要があります。

つまり、名刺をくれた人やサイトのお問い合わせフォームに記入してくれた人に、迷惑メールを送ることはできないのです。これはスパムです。代わりに、あなたのマーケティング・ニュースレターにオプトインできるようにしなければなりません。

明示的な同意と見なされるためには、積極的なオプトインが必須です。チェックボックスは初期設定であってはならず、明確な文言(法律用語ではない)を含み、他の規約とは区切られていなければなりません。

ユーザーには個人情報に対する権利がある

自分のデータがどこで、なぜ、どのように処理され、保存されるかを個人に知らせなければなりません。

個人は、自分の個人データをダウンロードする権利と、忘れられる権利を有する。

これは、ユーザーが自分の個人データの削除を要求する権利があることを意味します。ユーザーが配信停止リンクをクリックしたり、プロフィールを削除するように要求してきた場合、あなたは実際にそれを行う必要があります。

迅速なデータ漏洩通知を提供しなければならない

投稿者は、データ漏洩が無害であり、個人データへのリスクがないと考えられる場合を除き、72時間以内にある種のデータ漏洩を関連当局に報告しなければならない。

しかし、情報漏えいのリスクが高い場合は、影響を受けた個人にもすぐに通知しなければならない。

これにより、ヤフーのように買収まで明らかにされなかった隠蔽工作を防ぐことが期待される。

データ保護責任者の任命が必要な場合があります。

上場企業や大量の個人情報を処理する場合は、データ保護責任者を任命する必要があります。

中小企業の場合は必要ありません。疑問があれば弁護士に相談すること。

GDPR Data Protection Officer

必要事項の平易な要約

わかりやすく言うと、GDPRは、企業が頼んでもいないメールを送ってスパムをすることができないようにするものです。また、企業は明示的な同意なしに人々のデータを販売することもできません。

企業はユーザーのアカウントを削除し、要求があればメールリストの登録を解除しなければならない。企業はまた、データ侵害を報告し、データ保護について全体的に改善しなければならない。

少なくとも理論的には、かなり良さそうだ。

しかし、WordPressサイトをGDPRに準拠させるために何をすべきか、おそらく疑問に思っていることでしょう。

まあ、それは本当にあなたの特定のサイトに依存します(これについては後で詳しく説明します)。

まず、ユーザーから寄せられた最大の質問に答えることから始めよう:

WordPressはGDPRに対応していますか?

はい、WordPressのコアソフトウェアは、2018年5月17日にリリースされたWordPress 4.9.6からGDPRに対応しています。これを実現するために、いくつかのGDPR拡張機能が追加されました。

WordPressについて話すとき、インストール型のWordPress.orgについて話していることに注意することが重要です。WordPress.comとWordPress.orgの違いについては、WordPress.comとWordPress.orgの違いをご覧ください。

とはいえ、サイトは動的な性質を持っているため、個別のプラットフォーム、プラグイン、ソリューションでGDPRに100%準拠できるものはありません。GDPRコンプライアンス・プロセスは、サイトのタイプ、保存するデータ、サイトでのデータ処理方法によって異なります。

さて、ではこれは分かりやすく言うとどういう意味なのだろう、と思うかもしれない。

さて、WordPressには初期設定として以下のGDPR強化ツールが付属しています:

コメントする 同意する チェックボックス

2018年5月以前は、WordPressは初期設定でコメントするユーザーの名前、メール、サイトをユーザーのブラウザーにCookieとして保存していた。これにより、これらのフィールドがあらかじめ入力されていたため、ユーザーはお気に入りのブログにコメントを残しやすくなっていた。

GDPRの同意義務により、WordPressはコメントフォームに同意チェックボックスを追加しました。

WordPress Comments Opt-in for GDPR

ユーザーは、このボックスをチェックしなくてもコメントを残すことができます。ただし、その場合は毎回手動で名前、メール、サイトを入力する必要があります。

ヒント:チェックボックスがあるかどうかを確認するためにテストするときは、ログアウト中であることを本当に〜してもよいですか?

それでもチェックボックスが表示されない場合は、デフォルトのWordPressコメントフォームをテーマが上書きしている可能性があります。WordPressテーマにGDPRコメントプライバシーチェックボックスを追加する方法をステップバイステップで説明します。

個人データのエクスポートと消去機能

WordPressは、サイト所有者がGDPRのデータ取り扱い要件を遵守し、個人データのエクスポートやユーザーの個人データの削除に関するユーザーの要求を尊重するために必要なツールを提供します。

WordPress Data Handling - GDPR

WordPressの管理画面内の「ツール」メニューに、データの取り扱い機能があります。ここから、「個人データのエクスポート」または「個人データの消去」に進むことができます。

プライバシーポリシージェネレータ

WordPressにはプライバシーポリシージェネレータがビルトインされています。このジェネレーターには、あらかじめ用意されたプライバシーポリシーのテンプレートがあり、他に何を追加すればよいかのガイダンスが表示されます。これにより、どのようなデータを保存し、どのようにデータを扱うかというキーワードについて、ユーザーに対してより透明性を高めることができます。

WordPress Privacy Policy Generator for GDPR

さらに詳しくは、WordPressでプライバシーポリシーを作成する方法をご覧ください。

初期設定のWordPressブログをGDPRに準拠させるには、この3つの機能で十分です。しかし、あなたのサイトには、コンプライアンスが必要なエリアが他にもあるでしょう。

GDPR遵守を確認するためのサイト上の追加エリア

サイトオーナーとして、データを保存または処理するさまざまなWordPressプラグインを使用している可能性があり、これらはGDPRコンプライアンスに影響を与える可能性があります。一般的な例には以下が含まれます:

あなたのサイトで使用しているWordPressプラグインに応じて、あなたのウェブサイトがGDPRに準拠していることを確認するために、それに応じて行動する必要があります。

多くの優れたWordPressプラグインがGDPR強化機能を追加しています。一般的に対応が必要なエリアを見てみましょう。

Google アナリティクス

ほとんどのサイトオーナーと同様に、Google アナリティクスを使用してウェブサイトの統計情報を取得していることでしょう。これは、IPアドレス、ユーザーID、Cookieなどの個人データを収集したり、行動プロファイリングのためにトラッキングしている可能性があることを意味します。

GDPRに準拠するためには、以下のいずれかを行う必要があります:

  1. データの保存と処理を開始する前に匿名化する。
  2. Cookieについて告知し、トラッキングの前にユーザーに同意を求めるオーバーレイを追加する。

どちらも、Googleアナリティクスのコードをサイトに手動で貼り付けるだけではかなり難しい。しかし、WordPress用の最も人気のあるGoogleアナリティクスプラグインであるMonsterInsightsを使用しているのであれば、ラッキーです。

彼らは、上記のプロセスを自動化するのに役立つEUコンプライアンスアドオンをリリースした。

MonsterInsights EU Compliance Addon

MonsterInsightsもGDPRとGoogleアナリティクスについて非常に良いブログ投稿をしています。サイトでGoogleアナリティクスを使用している方は必読です。

お問い合わせフォーム

WordPressでお問い合わせフォームを使用している場合、透明性対策を追加する必要があるかもしれません。フォームの入力内容を保存したり、マーケティング目的でデータを使用する場合は特にそうです。

WordPressのフォームをGDPRに対応させる際に考慮すべき点をいくつかご紹介します:

  • ユーザーから情報の保存について明確な同意を得ること。
  • ユーザーをメールリストに追加するなど、マーケティング目的でデータを使用する場合は、ユーザーから明確な同意を得ましょう。
  • フォームのCookie、ユーザーエージェント、IPトラッキングを無効化します。
  • データ削除要求に従うこと。
  • SaaS フォームソリューションを使用している場合は、フォームプロバイダーとデータ処理契約を結んでいることを確認してください。

WPFormsGravity FormsNinja FormsのようなWordPressプラグインを使用している場合は、データ処理に関する同意書を作成する必要はありません。

これらのプラグインは、WordPressのデータベースにフォームエントリーを保存するので、GDPRに準拠するためには、明確な説明とともに同意チェックボックスを追加するだけです。

WPBeginnerで使用しているお問い合わせフォームプラグインのWPFormsは、GDPR同意フィールドの追加、ユーザーCookieの無効化、ユーザーIP収集の無効化、エントリーの無効化を個別クリックで簡単に行えるよう、いくつかのGDPR強化機能を備えています。

GDPR Form Fields in WPForms

WordPressでGDPRに準拠したフォームを作成する方法については、ステップバイステップのガイドをご覧ください。

メールマーケティング オプトインフォーム

お問い合わせフォームと同様に、ポップアップ、フローティングバー、インラインフォームなど、メールマーケティング用のオプトインフォームがある場合は、ユーザーから明確な同意を得た上でリストに追加する必要があります。

これはどちらでも可能である:

  1. ユーザーがオプトインの前にクリックしなければならないチェックボックスを追加します。
  2. あなたのメールリストにダブルオプティンを必須とするだけです。

OptinMonsterのようなトップリードジェネレータソリューションには、GDPR同意チェックボックスやその他の必要な機能が追加されており、メールオプトインフォームをコンプライアンスに準拠させることができます。

マーケティング担当者のためのGDPR戦略については、OptinMonsterブログで読むことができます。

eコマースとWooCommerceストア

WordPressで最も人気のあるeコマースプラグインであるWooCommerceを使用している場合、サイトがGDPRに準拠していることを確認する必要があります。

幸いにも、MonsterInsightsチームはWooCommerceストアをGDPRに準拠させる方法についての詳細なガイドを用意しました。

リターゲティング広告

あなたのサイトがリターゲティングピクセルやリターゲティング広告を掲載している場合、ユーザーの同意を得る必要があります。

Cookie Noticeのようなプラグインを使用することでこれを行うことができます。GDPR/CCPAのためにWordPressでCookieポップアップを追加する方法についてのガイドに詳しい説明があります。

Googleフォント

Google Fontsは、WordPressサイトのタイポグラフィをカスタマイズするのに最適な方法です。

しかし、Google FontsはGDPR規制に違反していることが判明している。Googleはフォントが読み込まれるたびに訪問者のIPアドレスをログ記録するからだ。

幸いなことに、あなたのサイトがGDPRに準拠するようにこれを処理する方法がいくつかあります。例えば、フォントをローカルに読み込んだり、Google Fontsを別の設定に置き換えたり、無効化したりすることができます。

Google Fontsをプライバシーに配慮したものにする方法については、こちらのガイドをご覧ください。

GDPR対応に最適なWordPressプラグイン

GDPRコンプライアンスの一部を自動化できるWordPressプラグインがいくつかあります。

しかし、サイトの動的な性質上、どのプラグインも100%のコンプライアンスを提供することはできません。

GDPRに100%準拠していると主張するWordPressプラグインには注意してください。彼らは自分たちが何を言っているのか分かっていない可能性が高いので、完全に避けるのが得策だ。

以下は、GDPR対応のための推奨プラグインのリストです:

  • Google アナリティクスを使用している場合は、MonsterInsightsを使用し、EUコンプライアンスアドオンを有効化することをお勧めします。
  • WPFormsは最もユーザーフレンドリーなWordPressお問い合わせフォームプラグインで、GDPRフィールドやその他の機能を提供しています。
  • Cookie Noticeは、EUクッキー通知を追加するための人気のある無料プラグインで、MonsterInsightsなどのトッププラグインとうまく統合します。
  • GDPR Cookie Consentは、ユーザーがCookieを受け入れるか拒否するかを決定できるように、サイトにアラートバーを作成することができ、GDPRだけでなくCCPAもカバーしています。
  • WP Frontend Delete Accountは、ユーザーがサイトのプロフィールを自動的に削除できる無料のプラグインです。
  • OptinMonsterは、GDPRに準拠しながら、コンバージョンを高める賢いターゲティング機能を提供する先進的なリード生成ソフトウェアです。
  • PushEngageを使用すると、サイト訪問者がサイトを離れた後にターゲットを絞ったプッシュメッセージを送信することができ、GDPRに完全に準拠しています。
  • Smash Balloonは、Facebook、Twitter、Instagram、YouTube、TripAdvisor などからのライブフィードを埋め込み、投稿を表示する GDPR 準拠の方法を提供します。
  • Shared Countsプラグインは、トラッキングCookieを使用した初期設定のシェアボタンをロードする代わりに、シェアカウントを表示しながら静的なシェアボタンをロードします。

コンプライアンスを向上させるWordPress GDPRプラグインのエキスパートによるベストセレクションでは、さらに多くのオプションをご紹介しています。

私たちは、他のWordPressプラグインが際立っており、実質的なGDPRコンプライアンス機能を提供しているかどうかを確認するために、プラグインエコシステムを監視し続けます。

最終的なフィードバック

GDPRは2018年5月から施行されている。

WordPress サイトを開設してしばらく経ち、GDPR 準拠に向けて取り組んでおられるかもしれません。あるいは、新規サイトを立ち上げたばかりかもしれません。

いずれにせよ、慌てる必要はない。ただ、コンプライアンスに向けた努力を続け、早急に完了させることだ。

多額の罰金を心配するかもしれない。罰金を科されるリスクはほとんどないことを覚えておいてください。EUのサイトによれば、まず警告があり、次に譴責があり、罰金は法律を故意に無視し、遵守しなかった場合の最後のステップである。

EUはあなたを捕まえようとしているのではないことを忘れないでください。ユーザーデータを保護し、オンラインビジネスに対する人々の信頼を回復するために、このようなことを行っているのだ。

世界がデジタル化するにつれ、私たちはこれらの基準を必要としている。最近の大企業のデータ流出事件もあり、こうした基準をグローバルに適応させることが重要だ。

関係者すべてにとって良いことだ。この新規則は消費者の信頼を高め、ひいてはビジネスの成長にもつながる。

このチュートリアルで、WordPressブログでGDPRに準拠する方法を学んでいただければ幸いです。サイトをGDPRに準拠させる方法については、当社のエキスパートガイドもご覧ください。

WordPressサイトをGDPRに準拠させるためのエキスパートガイド

If you liked this article, then please subscribe to our YouTube Channel for WordPress video tutorials. You can also find us on Twitter and Facebook.

免責事項

私たちは弁護士ではなく、このサイトのいかなる情報も法的助言とみなされるべきではありません。サイトは動的な性質を持っているため、個別プラグインやプラットフォームが100%合法的なコンプライアンスを提供することはできません。

疑問がある場合は、インターネット法の専門家である弁護士に相談し、管轄地域や使用ケースに適用される法律をすべて遵守しているかどうかを判断してもらうのが最善です。

その他のリソース

If you liked this article, then please subscribe to our YouTube Channel for WordPress video tutorials. You can also find us on Twitter and Facebook.

情報開示 私たちのコンテンツは読者支援型です。これは、あなたが私たちのリンクの一部をクリックした場合、私たちはコミッションを得ることができることを意味します。 WPBeginnerの資金源 をご覧ください。3$編集プロセスをご覧ください。

Avatar

Editorial Staff at WPBeginner is a team of WordPress experts led by Syed Balkhi with over 16 years of experience in WordPress, Web Hosting, eCommerce, SEO, and Marketing. Started in 2009, WPBeginner is now the largest free WordPress resource site in the industry and is often referred to as the Wikipedia for WordPress.

究極のWordPressツールキット

ツールキットへの無料アクセス - すべてのプロフェッショナルが持つべきWordPress関連製品とリソースのコレクション!

Reader Interactions

197件のコメント返信を残す

  1. Syed Balkhi says

    Hey WPBeginner readers,
    Did you know you can win exciting prizes by commenting on WPBeginner?
    Every month, our top blog commenters will win HUGE rewards, including premium WordPress plugin licenses and cash prizes.
    You can get more details about the contest from here.
    Start sharing your thoughts below to stand a chance to win!

  2. Mrteesurez says

    Also, I can see maybe that’s why WordPress itself comes with a basic privacy policy generator with some suggested text.

    I just discovered it not so long.
    But is that basic content sufficient ?? because sometimes I used the basic WP generated policy contents for new blogs.

    • WPBeginner Support says

      You would want to edit the content in the privacy policy to suit your needs and if you are concerned then you would want to check with a legal professional.

      管理者

      • Mrteesurez says

        OK, maybe when the blog grows and gaining more traction, then, I can seek out to legal professional for a standard and official policy.

        Thanks.

  3. Mrteesurez says

    Honestly, most of the bloggers and online marketer who just want to make money online don’t usually take this serious.

    I could remember how much fine I heard in the press that Google have paid and some other businesses that use tracking software.

    My question is, Is this only applicable for if I have visitors from EU ??

    Also, you talk of ‘checkbox’.
    In WPbeginner, checkbox is not showing, I manually need to re-enter names and email every time I want to comment. Can you fix this ?? or is there any reason no to do this ??

    • WPBeginner Support says

      It is applicable to more than the EU, we give an example with California in the article above.

      We do not have the consent checkbox at the moment, our theme style overrides the checkbox. We do not save your information in the browser for the time being.

      管理者

      • Mrteesurez says

        Ok, I understand but you can try to implement it for easy participation in the community.

        It can be autofilled or save it in browser but give disclaimer or include it in your privacy policy.

  4. Jiří Vaněk says

    I hadn’t paid much attention to this topic before, but practice eventually showed me that it’s indeed much better to have everything in order on the website, especially when it comes to laws. Living in an EU country, GDPR is now a top priority for me. Guides like these are great because there’s always something one might overlook.

  5. Moinuddin Waheed says

    Thankfully I am not from any of the European country which means GDPR rule will not apply to my website. But data protection has been a prime topic for every country not that for European countries only. we have similar data protection bill in our country as well. it is infact good to see that there is enhanced awareness in terms of data and content online.
    thanks for detailing every bit of GDPR for us

  6. Ralph says

    Good to find such a detailed guide that not only explains what to do, but also how and why it is important.

    I see GDPR as a plus for user as he can have some impact on his data, but we have to have more and more annoying popups on websites. Cookies, ads, newsletters, GDPR… In 5 or 10 years we will spend more time closing this than reading websites. I wish governments can come up with new 1 idea, that will replace all of that.

  7. Geethu says

    Thank you for the detailed explanation. It cleared some of the queries I had especially if GDPR applied to websites outside the EU and what to keep in mind while making them GDPR complaint.

  8. Ram E. says

    Thanks for listing the two cookie notice plugins (Cookie Notice and GDPR Cookie Consent)! I’ve been meaning to find and install one on my blog. This compliance stuff is one of the reasons why I haven’t opened my blog for user registrations yet, and it’s going to be more complicated if more and more countries require it. Personally, I think this is not a big deal though if an EU country or California is not one of your top 10 locations by sessions.

  9. Ahmed Omar says

    Thank you for the detailed post.
    I have concern about GDPR , what if the visitor did not accept the terms, would he still be able to browse my site or register
    Thank you

    • WPBeginner Support says

      Unless you set it up to prevent access, the users should still be able to browse your site. For registration you can have a required checkbox to prevent registrations.

      管理者

  10. Mikolaj says

    Thanks for the article! It’s good to know that WP tracks the development of the situation on an ongoing basis

  11. Chris H says

    A kind of good post. All SMEs and large business should be GDPR compliant. GDPR Awareness must be given to the staffs.

  12. Gavin says

    I am still a little confused with all this. Some say as long as you get consent and use something like a cookie/privacy popup to alert users and get consent etc its fine. But surely once someone has visited your site the cookies have already been placed in their browser so in this case should all cookies etc not be used until the users agrees? If this is the case how do we achieve this?

    • Konrad says

      Some cookies are just required to load the page.
      Users consent to the use of 3rd party and non-essential cookies.

  13. Trond says

    Hi,

    I would just like to add that the Cookie Notice for GDPR plugin states it’s “100% GDPR compliant”. See “features include” at their plugin page.

    You say that “Beware of any WordPress plugin that claims to offer 100% GDPR compliance. They likely don’t know what they’re talking about, and it’s best for you to avoid them completely.”

    So, how can Cookie Notice be recommended by you?

  14. Rick OD says

    how could a law in the European Union hold any water in the USA and how on earth could they fine you or force you to make changes to your website here in the US if no US law forces GDPA compliance?

  15. Mathukutty P. V. says

    I have Monsterinsights free version. Can not afford to buy pro now so cant install addon.

    I was using Jetpack comment, after reading this post changed to wp default. Thanks.

  16. Mathukutty P. V. says

    Thanks for the clarification. Mine is a personal blog. Will try to modify privacy policy.

  17. Debbie says

    Excellent article. Could you clarify something I’d not seen mentioned anywhere else?

    According to GDPR Article 83, (this is not a quote, but my own summary) fines, penalties, or other consequences for non-compliance, would be based on your footprint as an organization, the degree to which you collect and process data from Europe, and the severity of the infraction.

    You said: “While GDPR has the potential to escalate to those high level of fines, it will start with a warning, then a reprimand, then a suspension of data processing, and if you continue to violate the law, then the large fines will hit.” And then you have an infographic with this info.

    That’s a very specific progression. Can you point to an official notification or article somewhere where this is stated? Specifically, that an infraction would start with a warning, etc. And let’s just assume we’re talking about the average or smaller site and not Facebook. :) Thanks!

  18. Abin says

    Seems it is the lengthy process to correct all the checks against each clause, do we have any plugin available to do correction across the WordPress blog?

  19. Prithvi Raj says

    This is impossible to enforce.

    Who is going to go around and check if every single site is following this?

    What are newbie website owners going to do?

    It is hard enough to create a website and get a few people to come and read, and now you also have to deal with rubbish like this?

    To put it in plain English, the EU intended that big giants like Google and FB don’t screw with data.

    This law is not for the average Joe. There are hundreds of laws ordinary people break everyday by visiting simple websites, and doing simple thing online. Nobody can enforce laws like GDPR on small business owners.

    If you’re getting big, you definitely need to comply, it also makes sense, if you’re bigger, you have more resources.

  20. Prithvi says

    I doubt if this GDPR can be enforced for small businesses, does the EU plan on going after every single small website?

    I’m not based in the EU, this regulation does not apply to me, at least not at this level (I’m a small business).

    Even if it does apply, I can’t make any changes for every single regulation that comes about in different countries.

    I’d like to see how this plays out over the years, it is primarily meant for giants, not for ordinary people.

  21. Geoff says

    The Ginger plugin works, it is simple to use and will block 3rd party cookies if the user wishes to not accept cookies but still see the website in question.

  22. Christophe Huget says

    Hello, I use Iubenda to manage my Privacy Policy, the page is not physically on our website, it’s hosted on Iubenda.com. There’s no option to add a link to an external link.

  23. owolabi Thankgod says

    I was sent a message by google that I should log into my adsense account and accept their new privacy policy and I have done that

    Is this same as GDPR because I am getting increasingly confused after reading this article

    Please what am I to do to make my wordpress site GDPR complaint because as for me, i have not done anything whatsoever.

  24. Guust says

    The article says there are fines for companies, so what if my business is not carried on by a company?
    And what about hobby websites and blogs, as in non-business websites?

    Either the article is not complete or misleading?
    Can you clarify?
    Thanks

  25. Nanette Irvine says

    Thank you for your informative article. I have a question in regard to a blog I write. I have a self hosted WordPress site with a Divi theme. It is not a business, no marketing, no advertising – purely sharing a personal journey. I do offer people the opportunity to receive a notice when the next post is up. Their name and email address is stored in Aweber. Do I have to have Privacy notice etc for GDPR compliance?

  26. Mamun says

    Very informative article. Really I was confused about the term GDPR. Now it’s clear to me…Thanks buddy

  27. Bill says

    I disagree with assuming the EU can dictate to a business without a physical location in an EU country. This is a sovereignty issue most US citizens would have issue with like the tea tax which basically started the American colonies fight for independence. The EU cannot globally criminalize an action they do not like and penalize a US citizen, or other citizen outside their umbrella of power, based on such action. To say they can is the height of socialist arrogance.

    Nor does the EU have dominion over the internet. If they do not like the way the rest of the world does business they are free to lock their coddled citizens in a make believe world much like the Chinese do.

    • JC says

      True indeed but then there is DMCA which is an American law designed to protect copyright that people also follow regardless of soveriegnty. And Americans seem not to fight paying tax abroad even when their physical location and employment does not fall under American jurisdiction.

    • Geoff says

      Of course the EU can criminalise certain actions globally.

      Currently – The sale of illicit goods to the EU can be made illegal and any EU police force make arrests for certain actions carried out by people entering the EU.

      The point is, this is a step towards protecting the data of anyone residing within the EU (even non-EU nationals). If a US based organisation releases data that is personal to me for their own gain or because they did not protect it properly – they should be penalised.

    • Nathan says

      Yes! I thought I was the only one who’s thinking this way. Is there a legal precedent for something like this? A citizen from the EU visits my site and all of the sudden they have the right to legislate what I can and can’t do? I think everyone is jumping on the GDPR train because it means more work (i.e. more money) for developers. Is anyone else willing to just say that the emperor doesn’t have any clothes?

    • Tony Tremblay says

      I don’t think they will go after anyone outside the Euro zone. What they could do howerver is force Google to integrate them in the search engine ranking factors. This way, every website could be affected…

  28. John says

    Can we choose to block business in Europe? There’d be ZERO reason for me to even come up over there… I don’t even want their money!

    • Magrt says

      Sadly that’s more problems for you.
      Apparently EU has a rule, that will take effect this year that prohibits geoblocking. Am not a lawyer but basically that rule will prevent you from blocking out EU members from your site and attract fines .

  29. Amanda says

    Hi, thank you all, Editorial Staff, SO much for this wonderful and helpful article, with all the helpful links and resources!! And I am so grateful to see a mostly positive and thankful response from our fantastic community of bloggers. I am so proud to be a part of this. And I really love your respectful treatment of the “spirit of this law.”

  30. Amar Ilindra says

    Thanks for the detailed guide.
    But I feel you missed Google Adsense part.

    For EU users, we need to get consent for personalized/non-personalized ads.

    It would be really helpful for people if you update the article with the changes we need to make with Adsense.

    • WPBeginner Support says

      Hi Amar,

      AdSense has issues GDPR related guidelines for publishers. Basically, you will need to disclose your ads in the privacy policy and cookie usage. You will need to show a cookie popup to get user consent.

      管理者

  31. Lawrence Elliott says

    What about using the Facebook Comments plugin? Is that in compliance? If not, how can we make it so?

    • WPBeginner Support says

      Hi Lawrence,

      All Facebook embeds set cookies and track users across the web, you will need to disclose this information and get explicit user consent for those cookies.

      管理者

  32. balu says

    I don’t use Google Analytics plugin in wordpress. But I placed Google Analytics code in header file of WordPress Theme. What can I do for this problem.

  33. David Lightfoot says

    Well that’s just brilliant. In order to eliminate spam, they have now set it up so every website, that I have ever sent my email to, anywhere in the world is going to email me some kind of spam about their “new privacy rules”. Idiots.

  34. C.J. Haynie says

    Thank you so much for putting this together! It’s been a big help. I just run a personal blog but have managed to change a few of my plugins to be more compliant. I need to look at monster insights about their free version of their addon, but I think for the most part I should be fine.

    Cheers to you all! :) Take care of yourselves.

  35. Suzanne says

    “If your website has visitors from European Union countries, then this law applies to you.”

    Correction, “If your website has visitors from European Union countries, then this law applies to THEM.”

    This article makes no reference to which countries have treaties with the EU that would allow the EU to usurp their sovereignty to enforce, prosecute, and fine people within them, for having the “wrong check boxes” in their contact forms.

    The EU doesn’t get to swallow the earth like some amoeba. I am neither a citizen, serf, nor resident of the EU. My websites are all hosted in non-EU countries. If you can show me the list of countries that have signed on to a treaty to allow the EU to prosecute people for non-GDPR-approved check boxes within their borders, I’ll consider choosing or updating my own plugins/contact forms, thank you very much, or updating my .htaccess to block all EU IP addresses from visiting.

    And that’s how it’s played.

    • Jean Jeudi says

      Good to know that your site can do without visitor from Europe. I reckon your are not providing important services or goods. Maybe you should read a bit more what the EU requires from companies tar getting European customers. Most of the topics are common sense e.g not to share information you receive with third parties without a previous approval. Similar laws exist ever since for sharing photos showing third parties in social media.
      I know that I am already a transparent person thanks to google and friends but at least I want to have the right to check what they have collected on me and to stop distribution of this information

    • Geoff says

      I’m afraid the EU does… if you want to play fast and loose with personal data, feel you have a right to send me crap emails me if I didn’t sign up, store information about me with permission, release information about me to 3rd parties (intentionally or not)… then you shouldn’t have a website.

  36. Chris Bukoski says

    This post seems relevant for wordpress.org (as mentioned). What about wordpress.com sites?

    Thanks!

    • Editorial Staff says

      Hi Jonathan, we don’t allow folks to copy our entire articles. However if you want to link to our article from your own original content blog post, then absolutely :)

      管理者

  37. Gidon Ariel says

    Great article, I will certainly try to find it and refer to it if I ever need to worry about this.
    But since you say that worst case, i will first be given a warning, I will focus on other things and be motivated by real 3rd degree urgency then instead of spending hours now – a few hours before the “deadline” – for something that will probably never affect me.
    Sorry chums, this sounds like Bug2000’s little brother.
    Cheers!

  38. Jasmin Patterson says

    First off, thank you for explaining this so simply!

    Second, a question. I have a small self-hosted WP blog and I send new posts and updates to my readers but don’t sell them anything at this point. I’m using the Mailmunch plug in for opt-in forms, integrated with my Mailchimp email list.

    If I enable double-opt in for my email newsletter opt-in forms, do I need to also have legal language on each of those opt-in forms specifically stating that users information will be stored in my email marketing client and that they can unsubscribe at any time? Or is the double opt-in sufficient to be compliant? Should I perhaps include storage information in a privacy policy also/instead?

    Thanks!

返信を残す

コメントありがとうございます。すべてのコメントは私たちのコメントポリシーに従ってモデレートされ、あなたのメールアドレスが公開されることはありませんのでご留意ください。名前欄にキーワードを使用しないでください。個人的で有意義な会話をしましょう。