Trusted WordPress tutorials, when you need them most.
Beginner’s Guide to WordPress
WPBカップ
25 Million+
Websites using our plugins
16+
Years of WordPress experience
3000+
WordPress tutorials
by experts

WordPressのSEOをすべて正しく設定する方法(究極ガイド)

編集メモ: WPBeginner のパートナーリンクから手数料を得ています。手数料は編集者の意見や評価に影響を与えません。編集プロセスについて詳しく知る。

WordPressにAll In One SEOをインストールして設定したいですか?

All In One SEO (AIOSEO) for WordPressは、検索エンジンとソーシャルメディアプラットフォームのためにWordPressサイトを簡単に最適化できる最高のWordPress SEOプラグインです。

この投稿では、SEOランキングを向上させるために、WordPressのAll In One SEOを適切にインストールし、設定する方法を紹介します。

How to Setup All in One SEO for WordPress Correctly (Ultimate Guide)

なぜAll in One SEO for WordPressを使うのか?

All In One SEO for WordPressは、300万以上のサイトで使用されている、市場で最高のWordPress SEOプラグインです。

使い方は簡単で、SEO(検索エンジン最適化)の専門家である必要も、特別なスキルを持っている必要もない。

同時に、非常にパワフルで、WordPressサイトを検索エンジンで上位に表示させたり、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアプラットフォームからより多くの無料トラフィックを得ることができる。

WordPressは初期設定でSEOに適した環境を提供していますが、サイトのSEO順位を上げるためにできることはまだたくさんあります。

メタ情報の追加、XMLサイトマップのジェネレータ、スキーママークアップの追加、ソーシャルシェアの最適化などが含まれる。

All In One SEO for WordPressは、WordPressのダッシュボードに溶け込む使いやすいインターフェースで、これらのことをすべて行うことができます。

All in One SEO dashboard in WordPress

また、投稿やページのTruSEOスコアも表示され、より検索エンジンに適したコンテンツを作成するのに役立ちます。さらに、ボタンをクリックするだけで、サイト全体のSEO監査を行うこともできます。

ということで、WordPressのAll In One SEOを簡単にインストールして設定する方法を見ていきましょう。完全なセットアップを順を追って説明します。

このガイドで取り上げる内容は以下の通り:

準備はいいかい?始めよう

動画チュートリアル

Subscribe to WPBeginner

もし、文章での説明がお望みなら、このまま読み進めてほしい。

All In One SEO for WordPressのインストールと設定

最初に行う必要があるのは、All In One SEO for WordPressプラグインをインストールして有効化することです。詳しくは、WordPressプラグインのインストール方法のステップバイステップガイドをご覧ください。

注: このパワーSEOプラグインのすべての機能を実証するために、我々はProバージョンを使用しています。しかし、AIOSEOの無料版をWordPress.orgからダウンロードすることもできます。

詳しくはAIOSEOのレビューをご覧ください。

有効化すると、プラグインは自動的にセットアップウィザードを起動します。

続行するには「Let’s Get Started」ボタンをクリックする必要があります。

AIOSEO Setup Wizard

次の画面では、サイトのカテゴリーまたはタイプを選択するよう求められます。

例えば、あなたのサイトが主にブログなのか、ニュースサイトなのか、オンラインショップなのか、スモールビジネスなのか、その他なのかを選ぶことができる。

AIOSEO set up wizard - website category

このチュートリアルでは、ブログとして設定する。

その下に、ホームページのSEOタイトルと説明を記入します。SEOメタ情報のタイトルと説明文は検索エンジンで使用されるので、メインキーワードを使用することが重要です。

Homepage title and description

ここにスマートタグのオプションがあることにお気づきでしょう。これらのタグを使用すると、SEOメタ情報のタイトルと説明のテキストを動的に生成することができます。また、手動でタイトルと説明を入力することもできます。

注:これらの設定は後でいつでも変更できますので、何か見落としても心配しないでください。

Save and Continue(保存して続行)」ボタンをクリックして次のステップに進みます。

次のページでは、個人として設定するか、組織として設定するかを尋ねられます。例えば、個人ブログを運営しているのであれば、個人を選択するとよいでしょう。

そうでない場合は、組織を選択し、組織名とビジネス電話番号を入力します。電話番号をまだお持ちでない場合は、空欄にしておいて後で追加することもできます。

Fill website details for All in One SEO

その下に、ビジネスロゴと初期設定のソーシャル共有画像を用意する必要がある。

初期設定のソーシャル共有画像は、誰かがあなたのサイトからリンクを共有したときに、そのページに特定のアイキャッチ画像が設定されていない場合に使用されます。

AIOSEO Wizard: Add a Logo and Social Image

少し下にスクロールすると、ソーシャル・プロフィールのセクションがあります。ここに、あなたのサイトに関連するソーシャルプロフィールのURLを追加します。

ビジネスロゴとソーシャルプロフィールは、Googleや他の検索エンジンがナレッジパネルに使用する重要な要素です。

Adding social media profiles

入力できる項目をすべて入力したら、「Save and Continue(保存して続行)」ボタンをクリックして次のステップに進みます。

次に、SEO機能をオンにするよう求められます。XML SitemapsやOptimized Search Appearanceのような必須SEO機能はすでにオンになっています。有効化したい他の機能を選択することができます。

Turn on SEO features

わからない場合は、初期設定のオプションのまま次のステップに進んでください。

次に、検索外観画面が表示されます。プラグインは、あなたのサイトが検索結果にどのように表示されるかのスニペットプレビューを表示します。それをクリックして、ホームページタイトルとメタ情報を変更することができます。

All in One SEO wizard - Search Appearance

初期設定では、プラグインはスマートタグを使ってサイトタイトル、区切り、サイトのキャッチフレーズを表示します。Google Snippet Preview’をクリックすることで、これらをカスタマイズすることができます。

サイトのタイトルと説明にメインキーワードを使用することが目標です。プラグインの設定から後で変更することもできます。

その下に詳細オプションが表示されます。自分のニーズに合わせて設定することができます。

Choose advanced site search appearance options

最初のオプションは、サイトが稼動中か建設中かを設定することです。検索エンジンに今すぐサイトを掲載させたくない場合は、「工事中」を選択することができます。

次のオプションは、すべての投稿タイプ(投稿、ページ、商品など)を検索結果に含める設定です。不安な場合は、すべての投稿タイプでオンにしておきましょう。

次に、マルチオーサー・ブログかシングルオーサー・ブログかを選択する必要があります。シングルオーサーのWordPressブログをお持ちの場合は、重複コンテンツを避けるためにこのオプションを選択する必要があります。

添付ファイルのページをリダイレクトするオプションは初期設定でオンになっています。添付ファイルはテキスト量が少ないページなので、リダイレクトすることを強くお勧めします。

Save and Continue(保存して続行)」ボタンをクリックして次のステップに進みます。

最後に、プラグインのPRO機能を使用している場合、ライセンスキーの入力を求められます。この情報は、All In One SEO for WordPressサイトのアカウントで確認できます。

Enter your license key

ライセンスキーを入力すると、All In One SEOセットアップウィザードの最終ページに到達したことを知らせる「おめでとうございます」のページが表示されます。

セットアップを終了する」ボタンをクリックして、設定を保存し、ウィザードを終了することができます。

Finish All in One SEO Setup Wizard

おめでとうございます!All In One SEO for WordPressプラグインをあなたのサイトにインストールし、設定することができました。これで、この信じられないほど強力なSEOツールをフル活用して、ビジネスを成長させる準備が整いました。

次のステップでは、重要なSEO機能と、それを使ってサイトを成長させる方法について説明します。

AIOSEOを使ったサイトの投稿とページのSEO最適化

SEOのためにブログ投稿を最適化することは、定期的な作業であり、サイトのコンテンツを作成する上で非常に重要な部分です。

All In One SEO for WordPressは、ブログ投稿とページごとにTruSEOスコアを表示します。これには、そのスコアを改善し、検索結果でより良いパフォーマンスを発揮するために投稿を最適化するための実践的なヒントが含まれています。

サイト上の投稿やページを編集し、コンテンツエディターの下にある「AIOSEO設定」セクションまでスクロールするだけです。

AIOSEO settings section for a single post or page

ここから、特定の投稿やページが検索結果にどのように表示されるかのスニペットプレビューが表示されます。その下に、SEOメタ情報のタイトルと説明を入力することができます。

AIOSEOは、SEOタイトルと説明を自動的に生成することができます。また、投稿記事ごとに手動で入力することもできますので、クリエイティブでキャッチーな説明を書くことができます。

タイトルと説明欄に、投稿やページのメインとなるキーフレーズが使われていることを確認してください。

フォーカスキーフレーズとは、あなたがターゲットにしたい主なキーワードやフレーズのことです。これは、ユーザーがあなたの投稿にある情報を探すために検索エンジンに入力する可能性が最も高いフレーズです。

Add focus keyword for your post or page

フォーカスキーフレーズを追加しても、自動的にページ内SEOが改善されるわけではありません。しかし、All In One SEOは、コンテンツ分析機能を使って、フォーカスキーフレーズにコンテンツを最適化するお手伝いをします。これについては後で詳しく説明します。

次に、AIOSEO設定の「ソーシャル」タブに切り替える必要があります。ここでは、FacebookとTwitterのプレビューで、この投稿やページがソーシャルメディアプラットフォームにどのように表示されるかをコントロールすることができます。

Social settings for your post or page

ここから、タイトルと説明文の異なるバリエーションを選ぶことができます。また、リンクが共有されたときに使用する画像を選ぶこともできます。

これにより、ソーシャルメディアの画像が破損することがなくなり、リンクと一緒に表示される完璧な画像を選択することができます。

スキーマ」タブについては、この投稿の後半で説明する。

WordPressのTruSEOスコアにコンテンツアナライザーを使う

All In One SEOの最もクールな機能の1つは、コンテンツ分析とTruSEOスコアです。これらは、「AIOSEO設定」セクションの下部や、画面右上のAIOSEOボタンをクリックすることで見ることができる。

AIOSEO - TruSEO score and content analysis

コンテンツ分析機能は、コンテンツにSEOスコアを与えるための詳細な指標を検索します。これにより、サイトのコンテンツを作成する際に、便利なSEOチェックリストを作成することができます。

さまざまなセクションを展開して、チェックと推奨事項を表示することができます。AIOSEOは、あなたの注意を必要とする各勧告についての詳細を提供し、それを修正する方法を教えてくれます。

Recommendations in AIOSEO

詳しくは、ブログ投稿をSEOに最適化するヒントをご覧ください。

WordPressのタイトルSEOを最適化するヘッドラインアナライザーの使い方

投稿タイトルもSEOにおいて重要な権限グループです。All In One SEOのHeadline Analyzerを使って、検索エンジンの結果ページでよりクリックされる見出しを作成することができます。

コンテンツエディターの上部にある「H」ボタンをクリックするだけで始められます。

AIOSEO SEO Headline Analyzer

あなたのページタイトルには点数が付けられ、少なくとも70点を目指すべきである。

その下には、見出しを改善するためのヒントが書かれたさまざまなセクションがあります。単語のバランス、センチメント、見出しのタイプ、文字数、単語数のセクションがあります。

これらのセクションを展開すると、投稿のSEOタイトルを改善する方法に関する実用的なヒントや推奨事項を見ることができます。

AIOSEO SEO Headline Analyzer Recommendations

素晴らしい投稿の見出しを考えたいだけであれば、All In One SEO ” SEO AnalysisからHeadline Analyzerにアクセスすることもできる。

ページ上部の「ヘッドライン・アナライザー」タブをクリックする。

AIOSEO Headline Analyzer

見出しを入力し、「分析」ボタンをクリックするだけだ。

あなたの見出しのアイデアには点数が付けられ、それを改善するための実用的なヒントが表示されます。

AIOSEO Headline Analyzer Results

詳しい説明は、WordPressでSEOタイトルを改善するためのHeadline Analyzerの使い方ガイドをご覧ください。

All In One SEO for WordPressを使ったWooCommerce SEOの最適化

All In One SEO for WordPressはeコマースストアに対応しており、箱から出してすぐにWooCommerce SEOを最適化することができます。

まずは商品ページから。

WooCommerceで商品を編集し、商品エディターの下にあるAIOSEO設定ボックスまでスクロールするだけです。

Add Product Metadata in AIOSEO

一般」タブでは、商品のSEOタイトルと説明を変更できます。商品の短い説明スマートタグを使用するか、カスタム説明を書くことができます。ただ、タイトルと説明の両方のフィールドでメインの商品キーワードが使用されていることを確認してください。

次に、「ソーシャル」タブに切り替えます。ここから、ソーシャルメディア上での商品の見え方をコントロールすることができます。ここで異なる商品画像を設定することで、ソーシャルメディアからより多くのクリックとエンゲージメントを得ることができます。

Social settings for your product

その後、「スキーマ」タブに切り替えることができる。

Schemaマークアップは、検索エンジンがあなたのコンテンツをよりよく理解し、検索結果に表示することを可能にします。例えば、検索エンジンが検索結果で商品を表示する方法です:

Product schema type used in search results

AIOSEOは自動的に正しいスキーマタイプを選択します。

また、商品価格や在庫状況など、WooCommerceの商品リストのデータも使用します。

AIOSEO automatically adds product schema to WooCommerce products

さらに、「Edit Schema」アイコンをクリックして、その他の情報を追加することもできる。

必要であれば、ブランド、識別子の種類、素材、色、柄などを追加することができる。

Edit product schema in All in One SEO

プラグインはまた、商品と商品カテゴリーサイトマップを含むWooCommerce XMLサイトマップを自動的に生成します。これで次のステップに進みます。

All In One SEOでXMLサイトマップを使う

XMLサイトマップとは、Googleなどの検索エンジンがコンテンツを簡単に発見し、インデックスできるように、サイトのコンテンツをすべてXML形式でリスト化したファイルです。

サイトマップはSEOにとって非常に重要であり、AIOSEOが自動的に設定します。

ドメイン名の最後にsitemap.xmlを追加すると、XMLサイトマップを見つけることができます:

https://example.com/sitemap.xml

XML Sitemaps in All in One SEO

All In One SEOを使ってサイトマップをカスタマイズできます。

All In One SEO ” サイトマップのページにアクセスし、サイトマップの設定を確認してください。

Sitemap settings in All in One SEO

下の「サイトマップ設定」セクションまでスクロールしてください。

ここから、サイトマップインデックスを管理し、投稿タイプやタクソノミー(カテゴリーやタグ)を含めたり除外したりすることができます。また、日付ベースのアーカイブと投稿者アーカイブのXMLサイトマップを有効化することもできます。

Sitemap settings

このプラグインを使えば、XMLサイトマップに手動でページを追加することもできる。

例えば、独立したお問い合わせフォーム、ランディングページ、Shopifyのストアページがある場合、このようなことができるかもしれません。

Adding additional pages to your sitemap

動画XMLサイトマップの作成

All In One SEOでは、動画サイトマップやニュースサイトマップのような追加のサイトマップを作成することができます。

コンテンツに動画を埋め込んでいる場合、動画サイトマップを追加すると、検索結果に動画のサムネイルと再生ボタンが表示されます。

Example video search result

動画サイトマップ」タブに切り替えることで、動画XMLサイトマップを有効化できます。

初めてこのページにアクセスするときは、「動画サイトマップを有効化する」ボタンをクリックして、サイトの動画サイトマップをオンにする必要があります。

Click the 'Activate Video Sitemap' Button

動画サイトマップが有効化されると、「動画サイトマップ」設定タブが表示されます。

サイトマップの有効化」のトグルがオンになっていることに注目してください。

Enabling video sitemaps in All in One SEO for WordPress

注:動画サイトマップ機能を利用するには、少なくともプラグインのPROプランが必要です。

WordPressでニュースサイトマップを作成する

ニュースサイトを運営している場合、Google検索のニュース結果ページに表示されるニュースXMLサイトマップを作成する必要があります。

All In One SEOでは、サイトのニュースサイトマップを超簡単に作成できます。ニュースサイトマップ」タブに切り替えるだけです。初めてこのタブにアクセスするときは、「ニュースサイトマップを有効化」ボタンをクリックして、サイトのニュースサイトマップを有効化する必要があります。

Click the 'Activate News Sitemap' Button

動画サイトマップ」設定タブが表示されます。

サイトマップの有効化」のトグルがオンになっていることに注目してください。

News sitemap in All in One SEO for WordPress

その下に、ニュースサイトマップの設定があります。

公開名を設定し、ニュースサイトマップに使用する投稿タイプを選択できます。

News Sitemap Settings

注:動画サイトマップ機能を利用するには、少なくともプラグインのPROプランが必要です。

RSSサイトマップのジェネレータ

RSSサイトマップはXMLサイトマップとは異なります。XMLサイトマップとは異なり、RSSサイトマップには最新のコンテンツのみが含まれます。RSSサイトマップは、Googleや他の検索エンジンが検索結果に新しいコンテンツを表示するのに役立ちます。

All In One SEOでは、サイトにRSSサイトマップを簡単に追加することができます。RSSサイトマップ」タブに切り替え、「サイトマップを有効化」設定がオンになっていることを確認してください。

RSS Sitemap in AIOSEO

サイトマップについてさらに詳しく知りたい方は、WordPressでXMLサイトマップを追加する方法の詳細ガイドをご覧ください。

All In One SEO for WordPressでスキーママークアップを使う

Schemaマークアップは、投稿やページのHTMLコードで使用できる特別な語彙で、検索エンジンにコンテンツについて詳しく伝えることができます。

例えば、表示中のコンテンツがレシピや商品ページであることを検索エンジンに伝えることができる。これにより、検索エンジンはマイクロデータを使って検索結果にリッチスニペットを表示することができる。

Rich snippets in Google Knowledge Graph search results

スキーマのマークアップは、検索エンジンがナレッジグラフの情報パネルに結果を表示するのにも役立ちます。このように検索結果への掲載が強化されることで、より多くのクリックやサイトへの訪問者を獲得することができます。

All In One SEO for WordPressは、すべてのコンテンツのスキーママークアップをビルトインでサポートしています。

WordPressでサイトワイドスキーママークアップを設定する

まず、All In One SEO ” 検索外観ページにアクセスし、「コンテンツタイプ」タブに切り替える必要があります。

ここから、各コンテンツタイプの「Schema Markup」タブを開くことができる。

Setting default schema type in AIOSEO

例えば、投稿に「記事」を選び、記事、ブログ記事、ニュース記事など投稿タイプを選ぶことができます。

同様に、WooCommerceの商品については、’Schema Markup’タブに切り替えて、初期設定のマークアップタイプを’Product’に設定することができます。

個々の投稿とページのSchemaマークアップの変更

では、ブログ投稿として公開するコンテンツが混在している場合はどうでしょうか?例えば、記事の代わりにレシピをブログ投稿として公開することもあるでしょう。

All In One SEOでは、個々の投稿、ページ、商品のすべてについてスキーママークアップをコントロールすることができます。変更したい項目を編集し、投稿エディターの下にあるAIOSEO設定までスクロールダウンするだけです。

ここから「スキーマ」タブに切り替え、「スキーマジェネレータ」ボタンをクリックする。

Change a single post or page's schema markup

スキーマカタログが開きます。

ここで、使用するスキーマ・タイプを選択できる。

AIOSEO Schema Catalog

どのスキーマタイプを選択するかによって、スキーママークアップで使用する追加のマイクロデータを提供するためのさまざまなオプションが表示されます。

例えば、‘Recipe’スキーマに変更すると、レシピ名、説明、画像、料理の種類、料理、必須時間などの情報を入力するよう求められる。

Additional fields to enter recipe schema information

スキーママークアップは、検索結果におけるコンテンツの外観を向上させ、サイトへの無料トラフィックを増やすのに役立つ非常に強力なツールです。

Googleサーチコンソールと他のウェブマスターツールの連携

Google Search Consoleは、Googleが提供する無料ツールで、サイトオーナーがGoogle検索結果における自分のサイトのプレゼンスをトラッキングするのに役立ちます。

All In One SEO for WordPressは、WordPressサイトをGoogle Search Consoleに簡単に接続することができます。

まず、URLプレフィックス方式でGoogle Search Consoleにサイトを追加する必要があります。その過程で、サイトの所有権を確認するよう求められます。HTMLタグの設定を選択してください。

Copying the HTML tag

HTMLタグをコピーし、WordPressの管理エリアに戻ります。

All In One SEO ” 一般設定ページにアクセスし、’ウェブマスターツール’タブに切り替えます。ここから「Google Search Console」をクリックし、先ほどコピーした認証コードを入力します。

Connecting WordPress to Google Search Console

同様に、このプラグインでは、Bing Webmaster Tools、Yandex、Baidu、Pinterestのサイト検証のような他のサービスの検証コードを追加することもできます。

実際、サードパーティのサービスからサイトのヘッダーにコードを追加するよう求められたら、このページを使って「Miscellaneous Verification」ボックスにコードを追加することができる。

Miscellaneous Verification section in All in One SEO

変更を保存」ボタンをクリックして、設定を保存することを忘れないでください。

All In One SEOからGoogle Search Consoleの統計情報を表示する

Google Search Consoleのサイトでは、ウェブサイトに関する多くの有益な統計情報が提供されていますが、多くの初心者は必要な情報を見つけるのが難しいと感じています。

幸いなことに、All In One SEOの検索統計機能を使えば、WordPressサイトのダッシュボードから簡単にこれを行うことができます。

All In One SEO ” Search Statisticsページに初めて移動したら、’Connect to Google Search Console’ ボタンをクリックする必要があります。

Click 'Connect to Google Search Console'

あなたは、接続するか、Googleアカウントを選択し、Google Search Consoleアカウントへのアクセス権をすべてでSEOプラグインを与えるように求められます.

サイトにリダイレクトされると、All In One SEOがGoogle Search Consoleのデータを取得します。それは、グラフを含む分かりやすいレポートで表示されます。

AIOSEO Search Statistics Dashboard

内部リンクとは、あなたのサイトの投稿日:間のリンクのことです。検索エンジンがあなたのコンテンツを発見し、検索結果で上位に表示するのに役立ちます。

All In One SEOのリンクアシスタント機能を使えば、投稿を開くことなく簡単に新旧コンテンツにリンクを追加することができます。WordPress ダッシュボードのAll In One SEO ” Link Assistantにアクセスするだけです。

AIOSEO Activate Link Assistant

初めてこのページにアクセスするときは、「リンクアシスタントを有効化」をクリックして、あなたのサイトでこの機能を有効化する必要があります。

その後、ツールはあなたのサイト上のすべての投稿とページをスキャンし、リンクを収集し、どの投稿がリンクされ、どの投稿がリンクされていないかを確認する必要があります。

Scanning Your Website Links Using Link Assistatn

しばらくするとスキャンが終了し、サイトで使用されているリンクの概要が表示されます。

内部リンク、外部リンク、アフィリエイトリンクの合計数が表示されます。このレポートでは、他の投稿やページからまだリンクされていない孤児投稿の数も表示されます。

AIOSEO Link Assistant Overview

リンクレポート」タブでは、すべてのリンクに関する詳細情報を提供します。

すべての投稿とページのリストが表示され、内部リンク、外部リンク、アフィリエイトリンクのカラムと、リンクを追加できる候補が表示されます。

AIOSEO Link Assistant Links Report

投稿やページの次の右矢印ボタンをクリックすると、詳細を見ることができます。

例えば、「リンクサジェスト」タブに行けば、投稿やページを直接編集することなく、リンクサジェストを表示したり、リンクを追加したりすることができます。

Viewing Link Suggestions Offered by AIOSEO's Link Assistant

さらに詳しくは、SEOのための内部リンクに関する究極のガイドをご覧ください。

ローカルビジネスSEO設定

WordPressユーザーの多くは、特定の町や地域にサービスを提供する小規模ビジネスサイトを運営しています。これには、レストラン、不動産業者、配管工事、保守サービスプロバイダー、小規模店舗、サロンなどのビジネスが含まれます。

ローカルビジネスSEOは、ローカル検索結果でより目立つようにサイトを最適化することができます。

例えば、誰かが「イタリアンレストラン」を探している場合、あなたの場所が検索結果にポップアップ表示されます。

Local SEO in action in Google Search

これにより、ターゲットとなるカスタマイザーがあなたのビジネスに直接売上げをもたらします。

まず、Googleマイビジネスのアカウントを作成しましょう。これにより、Googleのマイビジネスダッシュボードを使用して、ビジネスリストの追加、ビジネスの所有者であることの証明、ビジネス情報の管理が可能になります。

Google My Business account

重要:Google ビジネスプロフィールを使用して作成されたサイトは、2024年3月をもって閉鎖されます。Google がビジネス プロファイル サイトを閉鎖した場合の対処方法については、こちらをご覧ください。

All In One SEO for WordPressでは、ローカルビジネスSEOスキーママークアップをサイトに簡単に追加することができます。これにより、検索結果での掲載がさらに強化され、ビジネスの情報を常に最新の状態に保つことができます。

All In One SEO ” Local SEOに移動するだけです。初めてこのページにアクセスするときは、「ローカルSEOを有効化する」ボタンをクリックして、サイトのローカルSEOを有効化する必要があります。

Activate Local SEO in AIOSEO

その後、ロケーションの設定を行います。最初の設定では、あなたのビジネスに複数の拠点があるかどうかを尋ねます。

その後、サイトに位置情報を追加する方法を決める必要がある。多くのユーザーはGutenbergブロックを好んで使うが、ショートコードやウィジェット、PHPコードを使うこともできる。

AIOSEO Local SEO Location Settings

ビジネス情報セクションまでスクロールしてください。

ここでは、名前、ロゴ、場所、エリアなど、あなたのビジネスの情報を記入することができます。

Local SEO settings in AIOSEO

ビジネス情報をすべて入力したら、営業時間を追加できます。

営業時間」タブには、営業時間を表示するかどうかの設定や、Gutenbergブロックを使用するなどしてサイトに追加する方法があります。

AIOSEO Local SEO Opening Hours

その後、ページをスクロールして営業時間を入力することができます。

年中無休のオプション設定もありますし、曜日ごとに営業時間を追加することもできます。

AIOSEO Local SEO Opening Hours Settings

最後のタブでは、あなたのサイトに所在地地図を追加することができます。これは、カスタマイザーがあなたのオフィスや実店舗へナビゲーションするのに役立ちます。

ステップバイステップの手順については、WordPressにGoogleマップの店舗検索機能を追加する方法をご覧ください。

AIOSEO Local SEO Maps

変更を保存」ボタンをクリックして、設定を保存することを忘れないでください。

WordPressでサイトSEO監査を行う

さて、サイトに取り組んでいるうちに、サイトのSEOがどうなっているのか知りたくなるものです。All In One SEO for WordPressには、詳細なサイトSEO監査を実行するビルトインツールが用意されています。

All In One SEO ” SEO分析ページにアクセスするだけで、サイト全体のSEO分析を行うことができます。

SEO analysis performed by AIOSEO

ページの上部には、サイトのSEOの健全性を示す総合スコアが表示されます。70点以上であれば合格ですが、常に改善の余地があります。

スコアの下には、あなたのサイトのSEO監査チェックリストの内訳がさまざまなラベルで表示されます。

SEO audit report in AIOSEO

もし何か重大な問題があれば、すぐに注意を払う必要がある。

重要な問題」タブをクリックすると、修正すべき問題のリストが表示されます。各項目の横にある矢印をクリックして展開すると、修正方法が表示されます。

Fixing important SEO issues

問題を修正すると、「結果を更新」ボタンをクリックしてSEO分析スコアを再生成することができます。

WordPressでSEO競合分析を行う

SEO分析を競合他社と比較したいですか?AIOSEOには、WordPress内で使用できる競合分析ツールがビルトインされています。

All In One SEO ” SEO分析ページにアクセスし、「競合サイトの分析」タブに切り替えるだけです。ここから、分析レポートを作成するために競合サイトのURLを入力する必要があります。

Competitor analysis in AIOSEO for WordPress

AIOSEOは競合のSEO分析レポートを作成します。

スコアの下には、さまざまなSEOチェック、トップキーワード、重大な問題、パフォーマンス、セキュリティ分析に関する詳細なレポートが表示されます。

Competition SEO analysis report

この報告書を自分の報告書と比較し、相手がやっていることで自分が利用したり改善したりできることがないかどうかを確認することができる。

専門家のアドバイス: All In One SEOアナライザーブラウザ拡張機能を使えば、フロントエンドでサイトのSEOスコアを素早く確認することもできる。

その他のSEO設定とツール

All In One SEO for WordPressは、信じられないほど強力なSEOツールです。上記で取り上げた機能以外にも、上級ユーザー向けの多くの機能が搭載されています。

Yoast SEOからAll In One SEOへの移行

All In One SEOでは、サードパーティのプラグインからSEOデータを簡単にインポートできるため、より強力で優れたSEOツールを切り替えて使用することができます。

All In One SEO ” ツールページに行き、’インポート/エクスポート’タブに切り替えるだけです。

Import export your WordPress SEO data and settings

ドロップダウンリストからプラグインを選択し、「インポート」ボタンをクリックすると、データをインポートすることができます。

Robots.txtと.htaccessファイルの編集

WordPressのチュートリアルやガイドに従うとき、robots.txtや .htaccessファイルを編集する必要がある場合があります。All In One SEOでは、それを簡単に行うことができます。

All In One SEO ” Toolsページにアクセスすることでこれを行うことができます。ここから、robots.txtと.htaccessファイルを編集する設定が見つかります。

Robots.txt and .htaccess file editor in AIOSEO

WordPressのRSSフィードを操作する

RSSフィードは、コンテンツアグリゲーターがあなたのサイトの投稿や要約を表示するために使用されます。

All In One SEOでは、ブログ投稿の前後にカスタムコンテンツを追加することで、WordPress RSSフィードを簡単に操作することができます。

All In One SEO ” 一般設定ページにアクセスし、「RSSコンテンツ」タブに切り替えることで可能です。

Add content before or after your WordPress RSS feed

WordPressでSEOオプションにアクセスできる人をコントロールする

多くの企業では、コンテンツ作成、マーケティング、SEO管理を担当するスタッフがいます。All In One SEOは、SEO設定にアクセスできる人を簡単に選択できます。

アクセスコントロール」タブで、さまざまな設定のオン・オフを切り替えるだけだ。

AIOSEO Access Control

WordPressのユーザー権限とシームレスに動作します。

サイトSEOを次のレベルへ

All In One SEO for WordPressのインストールとセットアップが完了したら、次のステップとして、サイトがどのような状態にあるのか、そしてサイトを成長させるために何ができるのかをトラッキングしましょう。

サイトのトラフィックをトラッキングする最も簡単な方法は、MonsterInsightsを使用することです。MonsterInsightsを使用すると、サイトへの訪問者数、表示ページ、サイトでの行動を確認することができます。

まだ設定していない場合は、WordPressにGoogleアナリティクスを簡単にインストールする方法をご覧ください。

ボーナスのヒントWordPressの各サイトで追跡しなければならないその他の重要なマーケティングデータをご覧ください。

しかし、ほとんどのサイトオーナーにとって、主な目標はトラフィックを増やすことだけでなく、それらのユーザーを購読者やカスタマイザーに変えることである。

そこで、OptinMonsterが必要になります。

世界で最も優れたコンバージョン最適化ソフトウェアであり、サイト訪問者をカスタマイザーに変換するのに役立ちます。美しいライトボックスポップアップ、スライドインメニュー、カウントダウンタイマー、通知バーなどが付属しています。

この投稿が、WordPressのAll In One SEOのインストールとセットアップのお役に立てば幸いです。ブログのトラフィックを増やす方法のヒントや、SEOエキスパートが選ぶ最高のWordPressテーマもご覧ください。

If you liked this article, then please subscribe to our YouTube Channel for WordPress video tutorials. You can also find us on Twitter and Facebook.

情報開示 私たちのコンテンツは読者支援型です。これは、あなたが私たちのリンクの一部をクリックした場合、私たちはコミッションを得ることができることを意味します。 WPBeginnerの資金源 をご覧ください。3$編集プロセスをご覧ください。

Avatar

Editorial Staff at WPBeginner is a team of WordPress experts led by Syed Balkhi with over 16 years of experience in WordPress, Web Hosting, eCommerce, SEO, and Marketing. Started in 2009, WPBeginner is now the largest free WordPress resource site in the industry and is often referred to as the Wikipedia for WordPress.

究極のWordPressツールキット

ツールキットへの無料アクセス - すべてのプロフェッショナルが持つべきWordPress関連製品とリソースのコレクション!

Reader Interactions

74件のコメント返信を残す

  1. Syed Balkhi says

    Hey WPBeginner readers,
    Did you know you can win exciting prizes by commenting on WPBeginner?
    Every month, our top blog commenters will win HUGE rewards, including premium WordPress plugin licenses and cash prizes.
    You can get more details about the contest from here.
    Start sharing your thoughts below to stand a chance to win!

  2. THANKGOD JONATHAN says

    All in One SEO Pack is a game-changer! This guide helped me master all its features, from sitemaps to schema markup. I
    hope my SEO will improve soon with AIOSEO.

  3. Jiří Vaněk says

    When I saw the current offer on Black Friday, a price around 50 USD seemed like a great deal. I’m also considering switching from Yoast as it doesn’t offer as many settings as AIOSEO. I’m asking because it seems to me that this plugin is really extensive and capable of many things. Can such a large plugin negatively impact website speed due to its robustness and hosting resource demands?

      • Jiří Vaněk says

        Now I’m using AIO SEO, and I must say it’s an amazing piece of software. But may I ask you about another question in this guide that I don’t understand? It’s about sitemaps. What’s the difference between a sitemap for news (for Google News) and a sitemap for posts? Both sitemaps contain new posts from the blog. So, where is a news sitemap better than a normal sitemap? I have Google News registered.

        • WPBeginner Support says

          The news sitemap would only have content from the last 48 hours as well as have extra markup for Google news. You would only want to use a news sitemap if you have a news site.

  4. Ralph says

    I’m using yoast for over 5 years but your guides are making me question my decision. I had problems with AIOSEO but that was long time ago. I think i might use it for my new website. Thanks for detailed guide so I have everything in 1 place rather than spend hours googling everything separetely.

    • Jiří Vaněk says

      I can only recommend switching to AIO SEO. I was the same way. I’ve been using Yoast SEO on my website for a year and a half and now I’ve switched to AIO SEO. and the results are really noticeable. For example, in the month since I started retroactively adding markup schemes, I can see results both in the search and in the Google Search Console. So if you’re thinking about making a change, don’t be afraid. The change is not complicated, it is fast and you will see the results very soon.

  5. Kanas says

    Hi, I chose business and I was planning to make it a “business” while I was configuring the All In One SEO.
    It is basically an affiliate site and I plan to use display ads for the site in the future. So should I choose personal instead of business? Or can I leave it as it is?

    • WPBeginner Support says

      If you plan on your site being for a business then you can keep it a business but if you plan on it being a personal site if you plan on being a personal site with ads, you would have it be a personal site. You can always change what your site is set as later in the plugin’s settings :)

      管理者

    • WPBeginner Support says

      The sitemap would update as you add content, you wouldn’t normally need to resubmit it.

      管理者

      • Steve says

        Yeah, that’s what I thought too. My host told me that my sitemap needed to be updated that confused me.

  6. Rachael Robinson says

    I’ve installed this plugin after deactivating Yoast, but All In one doesn’t pull through the metas on products, posts & pages. Is there a way to do this? I have written them all manually so want them moving over rather than taking the 1st few lines of the article. Thanks.

    • WPBeginner Support says

      You would want to ensure you use the importer tool in the plugin to transfer your settings over.

      管理者

  7. Justin says

    My site was under construction, so I selected that when I set it up. This means AISEO tells search engines not to index the site. Now, the site is going live and I don’t know how to get AISEO to turn off that feature (ex: I now want it to tell search engines to index me). I cant find anywhere that this is covered.

    • WPBeginner Support says

      It would depend on how many you’re looking to add but you would separate the keywords with a comma for adding multiple keywords if you are using them.

      管理者

  8. somnio360 says

    Nice and quite helpful, but i have a question . my sitemap doesn’t seem to be proper. I have generated ot using All-in-one SEO which is not working here is my site map . kindly help!! thanks

  9. Jchong says

    Hi WP,

    I downloaded the All-in-one SEO pack plugin. On my individual product page, there are 2 sections of the All-in-one- SEO pack for me to fill up.

    One section has the (Use this form to enter All in One SEO Pack details for this Product.) while the other has a preview snippet (showing what the page would look like in the search engine).

    There are some duplicate forms for both sections (such as Title, Description, and keywords). Do I have to fill them up for both sections or just one section would do?

    Thank you and look forward to your reply.

    Sincerely,
    Jack

  10. Nicolas says

    Hi – I use this plugin and noticed that the Google Analytics ID is not added to the websites HTML code. I see the google or bing verification code, which means the plugin works – but the code is missing. I used the Monster plugin before, which worked. Any idea how to fix? Thanks

  11. vineet gupta says

    I have a Question. When ‘Use Static Front Page Instead’ option is enabled, how to edit the Title Formats? For eg, the edit option under Home Page Title Option provides a box that contains ‘%page_title%’ Can one delete these words and write his own?. Is there any guideline for Editing the boxes?

  12. Victor R. Villar says

    Hi, I just meet your post and I have a question. I wrote all the meta descriptions but seaching by Google don’t show these meta descriptions. I sent a new sitemap and a new robots.txt with Search Console.
    My theme is Betheme.
    Can you help me please?
    Thanks in advance
    Victor Villar

  13. Permana Jayanta says

    Yoast have Local SEO. What plugin can I use if I use AIO Seo Pack to optimize my Local SEO?

  14. Shankar says

    Will this plugin support to generate dynamic sitemap? In my site I have 25000 url’s. Most of them are dynamic url’s. How can I generate sitemap for this dynamic site?

  15. JM Das says

    I have a Question. When ‘Use Static Front Page Instead’ option is enabled, how to edit the Title Formats? For eg, the edit option under Home Page Title Option provides a box that contains ‘%page_title%’ Can one delete these words and write his own?. Is there any guideline for Editing the boxes? Thanks for any help

  16. Thomas says

    I’ve activated XML Sitemap in Feature Manager. When I visit the Sitemap page however, there are no boxes for “Notify Google” or “Notify Bing”. I shut down and restarted but still no boxes to check.

  17. Jagadeesh says

    I have using All in one SEO plugin, I am working on SEO for my website, my issue is I have used a post with few tags, now audit says duplicate content for the post.

    Reason is if the post is displaying by
    1. /category/postname
    2. /tags/id/
    3. author/postname

    so three post are same but its displaying in different url, so audit report says this content is duplicated.

  18. Robert Perkis says

    All in One SEO Pack installed itself under Word Press Settings where only the SEO is offered no Sitemap or other menu options appear as when All in One SEO Pack installs to the WP Dashboard. Is there a way to move All in One SEO Pack from WP Settings to WP Dashboard to enable its menu?

  19. Judy Grupido says

    Does All in one SEO Pack automatically put social icons on my site? wordpress, klopp theme. I already have twitter icon on my site. If not, add a plug-in?
    Thank-you

  20. Hajar says

    Hello
    I have a question. There is always an update option of of All in one seo pack plugin, so should we do update regularly?
    Thanks
    Hajar

  21. m.king says

    Hello!

    Regarding the social meta area, you state: “The next section allows you to set up Facebook admin and app ID. Settings in this section will allow you to add Facebook author tag, and get Facebook Insights for your website.”

    I do not see anywhere to add or edit a Facebook author tag?

    Perhaps this is something missing from the most recent version?

  22. Soren Nielsen says

    I have a question shouln’t it be possible to see the SEO Description SEO Title SEO Keywords when you are in the backend of wordpress and click post?

    I have all the content in all in one seo but there is nothing displaying on my general post page where I have the overview of all post.

    How do I fix it?

    Thanks

    Soren

  23. Shubham says

    I am using All in one seo And i am using it in my new website i dont know much about it but after setting up the seo in my static front page and then when i look into google search for my website it says ((( Education … Entries RSS · Comments RSS · WordPress.org · Abhishek Soni Classes Proudly powered by WordPress)))
    abhishek soni classes is my website name
    how to set up this

  24. darren says

    i am getting a 500 page error and i cant get access now to uninstall from wordpress.. is there a way to uninstall without going through wordpress..??

  25. Doug Kercher says

    I filled in the snippet, updated page but title does not appear in browser title/tab. Any ideas please?

  26. Andrea Tartara says

    I have a problem with All in One with Loco Translations with the social meta. My site is in two languages and I can specify only one of them. The last I write it takes for every language.
    Everyone have the same problem?
    How can i do?

  27. Manuel Gimenez says

    Can I export all my SEO data (description and title) from Yoast to All-in-one-seo-pack? I´m having problems with Yoast but I don´t want to lose all data.

  28. Friday Alex says

    Thanks WPBeginner, my problem is my site is displaying well on search like Site:example.com what should i do

  29. Georgina says

    Hi,

    I’m using the WP Hueman Theme, and I’d like to switch my seo content from the “add meta tags” plugin to the “all in one seo pack”. I tried to do it with the seo data transporter plugin, but it didn’t work: it says that there are zero compatible files. Is there any other way to save or transfer the seo data?

    Regards,

  30. Lorrayne Scott-Collins says

    I have a static page on my website. Do I understand correctly that after enabling it I just leave all the title format settings as they are? Im a bit confused as to whether I need to type anything in the boxes!

    • WPBeginner Support says

      You can edit the page, scroll down a little to the All in One SEO settings metabox. There in the title field you will see how the title will appear on search engines. You can change it if you want.

      管理者

  31. Alex says

    Nice guide and I need a refresher! I would have appreciated an explanation of “Canonical” – you mention it right at the beginning and then rush on.

    :-)

    Alex

    • WPBeginner Support says

      Canonical is a special tag which tells search engines that even though this content appears elsewhere on your site, its permanent location is this particular URL. This helps avoiding duplicate content issue. Your SEO plugin would automatically handle that.

      管理者

  32. Uwe says

    Hello,

    it is possible to set SEO Titel, SEO Description and SEO Keywords in bulk?
    It is time consuming to set image by image.

    regards
    Uwe

  33. Jena says

    Thank you so much for this post! You’ve helped me so much! A couple questions though. Does the Social Meta automatically update your Facebook, Twitter, and G+ accounts when you make a new post? And does it display links on your pages and posts for visitors to share on their social media accounts? Thanks again!

    • WPBeginner Support says

      No it does not. It is used when someone else shares a link of your site on their social profiles. The meta tags help those social platforms pick up things like title, description, featured image, author name, author profile, etc.

      管理者

  34. Agnieszka says

    I’m trying to find a straightforward answer if All in One SEO allows you to implement Google tracking codes into pages.
    If not, would it make sense to use something like this plug in
    Would they in any way clash depending on where they place the code?

    Thanks!

    • WPBeginner Support says

      All in One SEO Pack allows you to add Google Analytics into your WordPress pages. If you want to use another plugin for that, then simply don’t enter your Google Analytics ID into All in One SEO Pack’s settings.

      管理者

返信を残す

コメントありがとうございます。すべてのコメントは私たちのコメントポリシーに従ってモデレートされ、あなたのメールアドレスが公開されることはありませんのでご留意ください。名前欄にキーワードを使用しないでください。個人的で有意義な会話をしましょう。