Trusted WordPress tutorials, when you need them most.
Beginner’s Guide to WordPress
WPBカップ
25 Million+
Websites using our plugins
16+
Years of WordPress experience
3000+
WordPress tutorials
by experts

WordPressとWooCommerceでスキーママークアップを追加する方法

編集メモ: WPBeginner のパートナーリンクから手数料を得ています。手数料は編集者の意見や評価に影響を与えません。編集プロセスについて詳しく知る。

検索エンジン最適化(SEO)は、成功するサイト戦略の重要な部分です。WPBeginnerでは、スキーママークアップを追加することで、サイトのランキングが大幅に向上することがわかりました。

スキーママークアップは、検索エンジンがあなたのコンテンツを理解するのを助け、あなたの可視性を高め、より多くのオーガニックトラフィックを引き寄せます。リッチ検索結果に表示できる、サイトとコンテンツに関する構造化データを提供します。

この投稿では、WordPressでスキーママークアップを簡単に追加し、検索エンジンからあなたのサイトにより多くの無料SEOトラフィックをもたらす方法を紹介します。

Adding schema markup to a WordPress website

この投稿で取り上げるトピックを簡単に紹介しよう:

スキーマ・マークアップとは何か?

Schemaマークアップは、WordPressサイトに追加できる特別なHTMLコードタイプで、検索エンジンにコンテンツの詳細を伝えることができます。

例えば、特定のページがブログ投稿、レシピ、FAQ、ニュース投稿、オンラインストアの商品ページであることを検索エンジンに伝えることができます。検索エンジンはこのデータを使ってリッチな検索結果を表示することができます。

Rich results in Google Search

Googleのような検索エンジンも、他の検索で情報を表示するためにスキーママークアップを使用している。

例えば、Googleマップでは、あなたのリストは、方向、営業時間、ビジネスの電話番号などと一緒に表示されます。

Local search results preview

これらの強化された検索リストは、リッチリザルトまたはリッチスニペットと呼ばれています。あなたのサイトをSERPで目立たせ、オーガニックのクリックスルー率を向上させ、より多くの無料トラフィックをもたらします。

とはいえ、WordPressでコードを書かずに簡単にスキーママークアップを追加する方法を見てみよう。

WordPressでスキーママークアップを追加する方法

WordPressでスキーママークアップを追加する最も簡単な方法は、All In One SEO for WordPressを使用することである。これは市場で最高のWordPress SEOプラグインであり、WordPressサイトにスキーママークアップを簡単に追加することができます。

All in One SEO for WordPress

最初に行う必要があるのは、All In One SEO for WordPressをインストールして有効化することです。詳しくは、WordPressプラグインのインストール方法のステップバイステップガイドをご覧ください。

プラグインを有効化すると、セットアップウィザードが起動し、セットアップを順を追って説明してくれます。ヘルプが必要な場合は、All In One SEO for WordPressの設定方法に関する投稿に従ってください。

これで設定が完了すれば、プラグインが自動的に正しいスキーママークアップを設定し、サイト全体に適用する。

しかし、必要に応じて設定を変更できるように、スキーママークアップの設定をすべて手動で説明します。

WordPressでサイト全体のスキーママークアップを設定する

まず、検索エンジンにWordPressサイトの基本情報を伝えることから始めます。All In One SEO ” 検索外観ページにアクセスし、ナレッジグラフセクションまでスクロールダウンします。

Provide your website information for Knowledge Graph

ここから、あなたのサイトが個人に関するものなのか、組織に関するものなのかを選択する必要があります。組織の場合は、名前、電話番号、連絡先、ロゴを入力します。

あなたのサイトが個人に関するもの(個人ブログ履歴書サイト、ポートフォリオサイトなど)であれば、ドロップダウン・リストからその人のユーザーアカウントを選択するか、手動で情報を入力することができます。

Person meta data

既存のWordPressユーザーを選択した場合は、ユーザー ” プロフィールページにアクセスして、選択したユーザーのプロフィールを編集できます。

ここでは、ユーザーのTwitterとFacebookのプロフィールURLを提供することができます。

Edit user profile

また、ユーザーの姓と名を正しく入力し、公開される名前を正しく選択したことを確認してください。

最後に、ユーザーのプロフィール写真をGravatarとして設定する必要があります。

プロフィールの更新」ボタンをクリックして変更を保存することをお忘れなく。

WordPressで初期設定のスキーママークアップを設定する

次のステップは、WordPressのすべての投稿とページにスキーママークアップを生成するために使用する初期設定を選択することです。

これにより、WordPressの投稿、ページ、商品、その他のコンテンツタイプすべてにスキーママークアップが正しく設定されます。

All In One SEO ” 検索外観ページに行き、「コンテンツタイプ」タブに切り替えるだけです。ここから、すべての投稿タイプが表示されます。

Search Appearance content types

投稿タイプごとに「Schema Markup」タブがあります。

これに切り替えると、特定の投稿タイプの初期スキーマタイプを選択できるようになります。

Choosing default Schema markup for content types in WordPress

ここから設定を確認し、必要に応じて変更することができる。例えば、WordPressの投稿をニュース記事として使用するニュースサイトを運営している場合、記事のタイプをニュース記事スキーマに変更するとよいだろう。

WordPressで個々の投稿とページのスキーママークアップを変更する

すでに初期設定のスキーマが設定されているため、ほとんどのコンテンツについて手動でスキーママークアップを変更する必要はない。

しかし、個々の投稿やページのスキーマ設定を調整したい場合がいくつかあります。

例えば、カスタマイザーのWordPressランディングページを商品ページとして使用している場合、検索エンジンにそのことを知らせたいでしょう。同様に、WordPressの投稿をレシピやニュース記事、レビューの公開に使っているブログもあるでしょう。

このようなシナリオでは、特定の投稿やページのスキーママークアップを変更する必要があるかもしれません。

変更したい投稿またはページを編集するだけです。投稿エディター画面で、エディター下の「AIOSEO設定」ボックスまでスクロールダウンし、「スキーマ」タブに切り替えます。そして、「スキーマジェネレータ」ボタンをクリックします。

Change a single post or page's schema markup

ここからスキーマ・カタログが開き、選択できるさまざまなタイプのスキーマを見ることができる。

それぞれのスキーマタイプには、独自のマイクロデータが付属している。

AIOSEO Schema Catalog

例えば、投稿をレシピに変更することができます。

そして、レシピの説明、料理の種類、調理時間、手順などを提供することができます。

Additional fields to enter recipe schema information

同様に、Productスキーマ・タイプを選ぶかもしれない。

そして、価格、ブランド、通貨、在庫状況、色、サイズ、素材などを提供することができます。

Changing any page schema to a product in WordPress

これは、eコマース・プラットフォームではなくシンプルなオンライン決済フォームを使って商品を販売しているサイトにとって、とても便利なツールだ。

WooCommerceにスキーママークアップを設定する

All In One SEOは、市場で最も包括的なWooCommerce SEOプラグインです。通常のSEO設定とは別に、すべての商品に対して商品スキーママークアップを正しく選択します。

価格、通貨、在庫状況、レビュー、星評価など、WooCommerceの商品リストから必要なメタデータをすべて取得します。

WooCommerceでスキーママークアップを有効化するには、’Autogenerate Fields’オプションの隣にある’Yes’をクリックするだけです。

Enable Autogenerate Fields for Product Schema

さらに、各商品の「スキーマ」タブで、ブランド、識別子タイプ、識別子番号、その他の詳細を提供することができます。

これは、あなたのストアがGTIN、MPN、ISBNのような標準化された識別子を持つ他のブランドの製品を販売している場合に便利です。

Product schema metadata

ローカルSEOのためのスキーママークアップの追加

Googleでの検索のすべて40%以上がローカルな意図を持っています。これは、ユーザーが近くのローカルビジネスやサービスを探していることを意味します。

ほとんどのローカル検索は購買決定につながるため、中小企業にとって非常に有利である。

ローカルSEOは、ユーザーが簡単に見つけられるように、あなたのビジネスを地図上に表示するのに役立ちます。これにより、あなたの店舗やビジネスがローカルのGoogle検索結果に表示されるようになります。

Local search results

また、Googleマップのような他のGoogle製品にもあなたのビジネスが表示されるようになります。

これにより、実店舗に足を運ぶカスタマイザーが増える。

Local search results preview

All In One SEOには、ローカル検索結果用にサイトを簡単に最適化できるLocal SEOアドオンが付属しています。

All In One SEO ” Local SEOのページに行き、’Activate Local SEO’ボタンをクリックするだけです。

Enable Local SEO

有効化した後、もしあなたのビジネスが複数の拠点を持っているのであれば、そのオプションをオンにしてください。

その後、各ロケーションを追加して設定することができる。

Multiple or single location business

その下に、あなたの情報を記入することができる。

これには、ビジネス名、ロゴ、電話番号、ビジネスタイプ、支払いオプションなどが含まれます。

Business information

その後、「営業時間」タブに切り替えることができる。

ここで営業時間を入力します。

Opening hours

各日の勤務時間を入力するだけです。

また、休業日にも印をつけておきましょう。

Working hours

変更を保存」ボタンをクリックして、設定を保存することを忘れないでください。

詳しくは、WordPressで営業時間を追加する方法をご覧ください。

WordPressサイトでローカルSEOを設定したら、Googleビジネスプロフィールのアカウントに登録し、ビジネスを主張することもできます。

リッチスニペット用スキーママークアップのテスト

Googleの構造化データテストツールを使って、WordPressサイトのスキーママークアップをテストすることができる。サイトのURLを入力するだけで、そのURLで見つかった構造化データマークアップを取得します。

Structured data testing tool

エラーや警告が表示された場合は、サイトのスキーママークアップ設定を見直すことでトラブルシューティングを行うことができる。

Googleは新しいリッチスニペットテストツールもプロバイダーしている。これは、リッチスニペットのためにあなたのサイトのスキーママークアップをチェックするだけでなく、いくつかのデータが欠けている場合にも表示されます。

Rich snippets testing tool

さらに、All In One SEOはビルトインSchema Validatorを提供しています。

スキーマのコードに構文エラーがなく、正しく実装されていることを確認します。

All in One SEO Schema Validator

Schema Validation」タブに行き、「Test with Google」ボタンをクリックするだけです。

Googleのリッチスニペットテストツールに自動的にリダイレクトされます。

WordPressのスキーママークアップに関するエキスパートガイド

WordPressサイトにスキーママークアップを追加する方法がわかったところで、スキーママークアップに関連したより具体的な投稿をご覧いただきたい。

この投稿が、WordPressサイトにスキーママークアップを簡単に追加する方法を学ぶのにお役に立てば幸いです。WordPressサイトの訪問者をトラッキングする方法や、中小企業に最適なメールマーケティングサービスの比較もご覧ください。

If you liked this article, then please subscribe to our YouTube Channel for WordPress video tutorials. You can also find us on Twitter and Facebook.

情報開示 私たちのコンテンツは読者支援型です。これは、あなたが私たちのリンクの一部をクリックした場合、私たちはコミッションを得ることができることを意味します。 WPBeginnerの資金源 をご覧ください。3$編集プロセスをご覧ください。

Avatar

Editorial Staff at WPBeginner is a team of WordPress experts led by Syed Balkhi with over 16 years of experience in WordPress, Web Hosting, eCommerce, SEO, and Marketing. Started in 2009, WPBeginner is now the largest free WordPress resource site in the industry and is often referred to as the Wikipedia for WordPress.

究極のWordPressツールキット

ツールキットへの無料アクセス - すべてのプロフェッショナルが持つべきWordPress関連製品とリソースのコレクション!

Reader Interactions

7件のコメント返信を残す

  1. Syed Balkhi says

    Hey WPBeginner readers,
    Did you know you can win exciting prizes by commenting on WPBeginner?
    Every month, our top blog commenters will win HUGE rewards, including premium WordPress plugin licenses and cash prizes.
    You can get more details about the contest from here.
    Start sharing your thoughts below to stand a chance to win!

  2. Dennis Muthomi says

    Excellent resource as always!.

    One tip I’d like to add is to regularly test your schema markup after making any website updates or changes. people often update the blogs content but forget to also work on the schema data

  3. Peter Iriogbe says

    Great tip! I appreciate the simplicity – just hitting the ‘Validation’ tab and clicking ‘Test with Google’ takes you straight to the Rich Snippets testing tool. It streamlines the process of checking how your content appears in search results. Time-saving and user-friendly approach for optimizing snippets. Thanks for sharing this valuable insight!

  4. Jiří Vaněk says

    Hello, I have a question for you. I use AIO SEO PRO license and employ markup schemas. When I have a blog post with FAQs at the end, can I use two schemas? One for the blog post and one for the FAQs? The article combines both, the blog post itself and the FAQs at the end. AI suggested that it’s possible to use both markup schemas. I’m not sure about that.

    • WPBeginner Support says

      You can certainly use both on a post as the FAQ schema would share what is in the FAQ while the post schema would show the content in your post :)

      管理者

  5. Megan Brain says

    Thanks so much for this helpful article. Schema markup is something we should all be learning how to implement. I appreciate the great tips.

返信を残す

コメントありがとうございます。すべてのコメントは私たちのコメントポリシーに従ってモデレートされ、あなたのメールアドレスが公開されることはありませんのでご留意ください。名前欄にキーワードを使用しないでください。個人的で有意義な会話をしましょう。