Trusted WordPress tutorials, when you need them most.
Beginner’s Guide to WordPress
WPBカップ
25 Million+
Websites using our plugins
16+
Years of WordPress experience
3000+
WordPress tutorials
by experts

Amazon CloudSearchを使用してWordPressの検索を改善する方法

編集メモ: WPBeginner のパートナーリンクから手数料を得ています。手数料は編集者の意見や評価に影響を与えません。編集プロセスについて詳しく知る。

Amazon CloudSearchを使ってWordPressの検索を改善する方法を知りたいですか?

Amazon CloudSearchは、WordPressの検索をよりコントロールし、より速く、より良い結果を提供するAmazon AWSのプラットフォームです。

この投稿では、Amazon CloudSearchを使用して初期設定のWordPress検索を改善する方法を紹介します。

How to improve WordPress search using Amazon CloudSearch

なぜWordPressの初期設定を改善するのか?

WordPressにはビルトイン検索機能がありますが、かなり限定的で、訪問者に関連するコンテンツを見つけるのに最適なものではありません。

小規模なWordPressサイトであれば、すぐに高度な検索機能は必要ないかもしれません。

しかし、サイトが成長するにつれて、ユーザーが探しているものを素早く見つけられるよう、コンテンツの発見性を高める方法が欲しくなるでしょう。

ユーザーが欲しいものを簡単に見つけることができれば、ページビューが増え、直帰率が下がり、カスタマイザーになったりメールリストに登録されたりする可能性が高くなります。

Amazon CloudSearchを使えば、以下のような多くのメリットが得られる:

  • 検索精度の向上:Amazon CloudSearchは、ファジーマッチング、部分的な単語マッチング、ステミングなどの高度な検索機能を提供します。これにより、ユーザーが単語のスペルを間違えたり、別の表現を使用したりしても、最も関連性の高いコンテンツを確実に見つけることができます。
  • スケーラビリティ:Amazon CloudSearch は、大量のデータとトラフィックを処理できるスケーラブルなソリューションです。WordPressサイトが大きくなっても、CloudSearchはパフォーマンスに影響を与えることなく、検索クエリーの増加に合わせて簡単に拡張できます。
  • スピードCloudSearchは、高速でリアルタイムの検索パフォーマンスを実現するように設計されています。分散型インフラストラクチャを使用して低レイテンシの検索結果を提供し、ユーザーが検索クエリーに対して即座にレスポンスを得られるようにします。
  • カスタマイザー:CloudSearchでは、検索の関連性ランキングをカスタム化し、特定の必須条件に従って検索結果を微調整することができます。カスタム検索フィールドを定義し、異なる属性の重みを調整し、検索パラメータを設定して、ユーザーの検索エクスペリエンスを最適化できます。

Amazon CloudSearchを使うなど、様々な方法がありますが、私たちはSearchWPが最も初心者に優しく、ベストなソリューションだと考えています。

30,000以上のサイトで使用されている、市場で最高のWordPress検索プラグインです。

The SearchWP homepage

WordPressの検索結果を完全にコントロールしたり、複数の検索フォームを使用したり、WooCommerceの検索をよりスマートにしたりと、様々なことができます。

さらに詳しく知りたい方は、SearchWPでWordPressの検索を改善する方法についての簡単なガイドをご覧ください。

とはいえ、Amazon CloudSearchを使ってWordPressの検索を改善する方法を紹介しましょう。

Amazon Web ServicesとCloudSearchのアカウントを作成する

最初に必要なことは、Amazon AWSアカウントにサインアップすることだ。このプラットフォームは、Amazon CloudSearchに電力を供給し、WordPressブログでより良い検索ソリューションを簡単にセットアップし、拡張することができます。

いくつかの料金プランと課金プランがあるが、無料トライアルを利用することもできる。

アマゾンAWSのサイトに行き、「無料で始める」ボタンをクリックするだけだ。

Create an AWS account

次に、ログイン情報と請求先情報を入力し、アカウント登録を完了するよう求められます。

その後、同じAmazon AWSログイン情報を使用してAmazon CloudSearchコンソールにログインすることができます。

CloudSearchダッシュボードに移動し、「Create a new Domain」ボタンをクリックします。

CloudSearch dashboard create new domain

これにより、WordPressサイトの検索に役立つ初期検索インデックスが作成されます。

次に、「ドメイン名を検索」ボックスにドメイン名を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。これは、ドメイン名の末尾に.comや.netなどを除いたものになります。

Create new search domain

その後、検索ドメインに関するいくつかの質問に答える必要があります。よほど特殊なニーズがない限り、初期設定のままで構いません。

最初のインデックスが完了すると、ダッシュボードに「検索エンドポイント」を含む確認が表示されます。次のステップのためにこれをコピーする必要があります。

Copy search endpoint

WordPressの検索を改善するためにCloudSearchプラグインを設定する

アカウントを作成したら、CloudSearchプラグインを使ってAmazon CloudSearchアカウントとWordPressを接続する必要があります。

最初に行う必要があるのは、プラグインのインストールと有効化です。詳しくは、WordPressプラグインのインストール方法をご覧ください。

その後、WordPress管理画面のCloudSearch ” Settingsにアクセスし、「AWSアクセスキー」と「AWSシークレットアクセスキー」を入力します。

また、サーバーの地域をドロップダウンから選択する必要があります。

Add Amazon AWS security settings

この情報は、Amazon Web Servicesアカウントにアクセスし、ユーザー名のドロップダウンメニューをクリックし、’Security credentials’オプションを選択することで確認できます。

次に、「Access keys」ドロップダウンをクリックし、「Create New Access Key」ボタンをクリックします。

Go to AWS security page

アクセスキーID」と「シークレットアクセスキー」がポップアップで表示されます。

これらをコピーし、プラグインの設定ページに戻って追加する必要がある。

Copy security credentials

その後、「インデックス設定」セクションに「検索エンドポイント」と「ドメイン名」の両方を入力する必要がある。

これらは、最初のAmazon CloudSearchドメイン・インデックスを作成した後に作成したものです。

Enter index settings

その下にある「スキーマ設定」を変更することができる。ここでの設定は、検索結果に表示させたい要素をコントロールする。

例えば、投稿とページだけを表示させたい場合は、それらのボックスにチェックを入れるだけです。また、あなたが追加したカスタム投稿タイプや、インストールしたWordPressプラグインによって作成されたカスタム投稿タイプを表示するオプションもあります。

Enter schema settings

:PDFやショートコード出力を検索可能にしたり、特定の投稿やページを除外したりするような、より高度なオプションを使用したい場合は、代わりにSearchWPを使用することをお勧めします。

次に、「フロントページ設定」にWordPressの検索ページをカスタマイズするオプションがあります。

初期設定のオプションは選択したままにしておきますが、カスタマイザー検索ページを作成したり、検索フィルターを有効化したりすることができます。

Enter frontpage settings

それが済んだら、「結果設定」セクションで個々の検索結果の表示方法を変更することができる。

ここでは初期設定のまま、掲載したい投稿やページ情報を選んだり、テキストの長さを変更したり、結果の順番を選んだりすることができる。

Enter results settings

さらに、テキストや背景の色をカスタマイズしたり、検索候補を有効化したり、カスタムフィールドのサポートを追加したりできるセクションもあります。

プラグイン設定のカスタマイザーが完了したら、ページ下部の「保存」ボタンをクリックしてください。

これで、WordPress検索をサイトで使用する際、より速く、より関連性の高い結果が表示されるようになります。

また、最適なウェブデザインソフトウェアの選び方や、専門家が選ぶ安くて信頼できるGoDaddyの代替ソフトもご覧ください。

If you liked this article, then please subscribe to our YouTube Channel for WordPress video tutorials. You can also find us on Twitter and Facebook.

情報開示 私たちのコンテンツは読者支援型です。これは、あなたが私たちのリンクの一部をクリックした場合、私たちはコミッションを得ることができることを意味します。 WPBeginnerの資金源 をご覧ください。3$編集プロセスをご覧ください。

Avatar

Editorial Staff at WPBeginner is a team of WordPress experts led by Syed Balkhi with over 16 years of experience in WordPress, Web Hosting, eCommerce, SEO, and Marketing. Started in 2009, WPBeginner is now the largest free WordPress resource site in the industry and is often referred to as the Wikipedia for WordPress.

究極のWordPressツールキット

ツールキットへの無料アクセス - すべてのプロフェッショナルが持つべきWordPress関連製品とリソースのコレクション!

Reader Interactions

12件のコメント返信を残す

  1. Syed Balkhi says

    Hey WPBeginner readers,
    Did you know you can win exciting prizes by commenting on WPBeginner?
    Every month, our top blog commenters will win HUGE rewards, including premium WordPress plugin licenses and cash prizes.
    You can get more details about the contest from here.
    Start sharing your thoughts below to stand a chance to win!

  2. Mr Alexander says

    Hi,

    Its a nice example and perhaps a good introduction to Lift and CloudSearch.

    The issue is that Lift’s documentation is almost non existent which makes it very difficult to figure it out initially.

    For example, how to add a taxonomy as a search field? The documentation doesn’t brush on it at all but their git account hase some examples which are also very unclear.

    Its a great software, otherwise, once you figure it out.

  3. Joe C says

    I setup Amazon Cloudsearch at my website (www.omnimedfinancial.com)….The search capabilities are much much better than what I had…

    Important: My prior search allowed me to exclude a category from searches….It appears that Amazon has indexed everything at my site….How can I exclude a category in Amazon CloudSearch using Lift for WordPress???

    Amazon has information about deleting files….not very clear….

    Q: How do I delete documents from my search domain?
    To delete documents you specify a delete operation in your SDF document that contains the id of the document you want to remove and a document version number greater than the current version number for that document.

    You can submit data updates through the Amazon CloudSearch console, using the cs-post-sdf command, or by posting a request directly to the domain’s document service endpoint.

    I do not want to have to delete one by one….I want to auto exclude category 36.

    Thoughts?

  4. Nick Gernert says

    Thanks for the writeup on Lift!

    We have much planned for the plugin here in the future, but any initial feedback and thoughts is hugely appreciated.

    One point of clarification here is that the plugin doesn’t yet support the indexing of attachments, but that functionality is on our development roadmap for the plugin.

    • Chris Scott says

      Lift can do faceted searches since CloudSearch supports them. We are going to update the docs and FAQs with the index schema to list which fields are faceted. This can be changed after Lift sets up the initial index if desired. We will also have some docs soon for customizing the front end to support facets and other customizations.

  5. Bjørn Johansen says

    Are there any advantages at all on using Amazon over the excellent Relevanssi search plugin?

    • Editorial Staff says

      Amazon CloudSearch has their own powerhouse algorithm that it uses to organize searched content. At the end of the day, it comes down to your personal preference. Some will use Google Search, others will use Relevanssi, some will use Amazon cloud search, while others will leave the default search as is.

      管理者

  6. Scott says

    I’m curious to hear if there are options/customizations to include custom post types in the search – say for a WooCommerce implementation – or are all post types included by default?

返信を残す

コメントありがとうございます。すべてのコメントは私たちのコメントポリシーに従ってモデレートされ、あなたのメールアドレスが公開されることはありませんのでご留意ください。名前欄にキーワードを使用しないでください。個人的で有意義な会話をしましょう。