Trusted WordPress tutorials, when you need them most.
Beginner’s Guide to WordPress
WPBカップ
25 Million+
Websites using our plugins
16+
Years of WordPress experience
3000+
WordPress tutorials
by experts

WordPressで投稿者URLのスラッグとベースを変更する方法

編集メモ: WPBeginner のパートナーリンクから手数料を得ています。手数料は編集者の意見や評価に影響を与えません。編集プロセスについて詳しく知る。

WordPressで投稿者URLのスラッグとベースを変更したいですか?

WordPressでは、投稿、ページ、カテゴリーのURLをカスタマイズすることができます。しかし、WordPressの著者URLをカスタマイズするビルトインオプションはありません。

この投稿では、WordPressで投稿者URLのスラッグとベースを簡単に変更する方法をご紹介します。

Easily change the author URL slug and base

URLスラッグとURLベースとは?

WordPressサイトには、SEOフレンドリーなURL構造がビルトインされています。

これはきれいなパーマリンクとして知られており、スラッグを編集することで投稿、ページ、カテゴリーのURLを選択することができます。

この機能は、投稿者ページ用のPretty Linksも作成します。しかし、投稿者のURLをカスタマイズするオプションはありません。

WordPressの用語では、スラッグとは、WordPressで一般に閲覧可能なページのタイトルをURLで使用できるようにフォーマットしたものです。以下のようになります:

https://example.com/author/syed-balkhi/

上の例では、Syed-Balkhiがスラッグで、/author/がベースである。

投稿、ページ、カテゴリー、タグのスラッグやベースはユーザーが変更できますが、初期設定のWordPressでは、作者のURLを変更することはできません。

投稿者」の代わりに「寄稿者」を使いたい場合や、特定の投稿者のスラッグを変更したい場合は、こちらをご覧ください。

WordPressで投稿者URLのスラッグとベースを簡単に変更する方法を見てみましょう:

WordPressで投稿者のスラッグを変更する

最初に行う必要があるのは、投稿者スラッグの編集プラグインをインストールして有効化することです。詳しくは、WordPressプラグインのインストール方法のステップバイステップガイドをご覧ください。

有効化すると、このプラグインは各ユーザープロフィールページにオプショングループを追加します。

サイト上のユーザーのスラッグを編集したい場合は、WordPressダッシュボードのUsers ” All Usersページに行く必要があります。次に、ユーザー名の下にある「編集」リンクをクリックしてください。

Edit user profile

ユーザーの編集画面が表示されます。

投稿者スラッグの編集」セクションまでスクロールすると、投稿者スラッグとして使用できる選択肢が表示されます。カスタムスラッグを入力することもできます。

Edit author slug

変更が完了したら、「ユーザーを更新」ボタンをクリックし、WordPressサイトをプレビューします。

投稿日:投稿者名をクリックして投稿者ページを表示すると、あなたが選択した投稿者スラッグが使用されていることがわかります。

WordPressで投稿者ベースを変更する

投稿者ベースを/author/から他のものに変更したいサイトを構築している場合は、このプラグインでも可能だ。

設定 ” 投稿者スラッグの編集ページにアクセスしてください。ここで、投稿者ベースを変更するオプションが表示され、ユーザー権限グループごとに異なるベースを選択することもできます。

Change author URL base

設定が完了したら、「変更を保存」ボタンをクリックして設定を保存します。これでサイトをプレビューすることができ、投稿者リンクをクリックすると、変更内容を確認することができます。

SEOのためのリダイレクト設定

確立されたサイトで投稿者スラッグやベースを変更すると、特に投稿者アーカイブがインデックスされている場合、SEOに悪影響を及ぼす可能性がある。

検索エンジンから投稿者ページに来た人は、404エラーメッセージを見ることになります。これを避けるには、古いURLから新しい著者のスラッグとベースへのリダイレクトを設定する必要がある。

まず、Redirectionプラグインをインストールして有効化する必要があります。詳しくはWordPressプラグインのインストール方法のステップバイステップガイドをご覧ください。

有効化したら、ツール ” リダイレクトページにアクセスしてください。プラグインのセットアップウィザードが表示されます。画面の指示に従ってセットアップを続けるか、’Manual Install’リンクをクリックしてスキップしてください。

Redirection wizard

次に、リダイレクトページに到達します。ここから「新しいリダイレクトを追加」セクションまでスクロールダウンしてください。

古い投稿者ページのURLをソースとして、新しい投稿者URLのページをターゲットとして追加する必要があります。

Redirect author page

Add Redirect」ボタンをクリックして変更を保存するのを忘れないでください。プラグインは古い投稿者ページに来た訪問者を自動的に新しいURLにリダイレクトします。

投稿者ベースも変更した場合は、それらのURLを動的に検出し、リダイレクトする必要があります。

投稿者URLのベースを「寄稿者」に変更したとしましょう。以下は新しいリダイレクトを設定するために使用する設定です:

  • 投稿者:https://example.com/author/(.*)$
  • ターゲット:https://example.com/contributor/$1
Setting up a base redirect

投稿者URLベースをユーザー権限で作成するように選択した場合、ユーザー権限自体が「author」である場合を除き、すべてのユーザー権限に対してこれを行う必要があります。

別の方法として、All In One SEO (AIOSEO)プラグインを使用して、古いURLから新しいURLへのリダイレクトを設定することができます。

AIOSEOの強力なリダイレクトマネージャー機能を使えば、サイト全体のリダイレクトを簡単に設定することができます。さらに、自動404エラートラッキングを有効化して、サイト上のリンク切れを防ぐことができます。

リダイレクトについてさらに詳しく知りたい方は、WordPressでリダイレクトを設定する方法をご覧ください。

WordPressパーマリンクURLのエキスパートガイド

投稿者のスラッグとベースを変更する方法はおわかりいただけたと思いますが、WordPressのパーマリンクとURLに関連する他の投稿もご覧ください。

この投稿がWordPressで投稿者のスラッグとベースを変更するのにお役に立てば幸いです。また、最適なドメイン登録業者の選び方や、専門家が選ぶWordPress用の無料の投稿者情報ボックスプラグインもご覧ください。

If you liked this article, then please subscribe to our YouTube Channel for WordPress video tutorials. You can also find us on Twitter and Facebook.

情報開示 私たちのコンテンツは読者支援型です。これは、あなたが私たちのリンクの一部をクリックした場合、私たちはコミッションを得ることができることを意味します。 WPBeginnerの資金源 をご覧ください。3$編集プロセスをご覧ください。

Avatar

Editorial Staff at WPBeginner is a team of WordPress experts led by Syed Balkhi with over 16 years of experience in WordPress, Web Hosting, eCommerce, SEO, and Marketing. Started in 2009, WPBeginner is now the largest free WordPress resource site in the industry and is often referred to as the Wikipedia for WordPress.

究極のWordPressツールキット

ツールキットへの無料アクセス - すべてのプロフェッショナルが持つべきWordPress関連製品とリソースのコレクション!

Reader Interactions

28件のコメント返信を残す

  1. Syed Balkhi says

    Hey WPBeginner readers,
    Did you know you can win exciting prizes by commenting on WPBeginner?
    Every month, our top blog commenters will win HUGE rewards, including premium WordPress plugin licenses and cash prizes.
    You can get more details about the contest from here.
    Start sharing your thoughts below to stand a chance to win!

  2. Ritish Sharma says

    Thank you for the information. But can I delete the plugin after changing the author’s URL slug? Or, the changed URL will also be deleted with this?

    • WPBeginner Support says

      We would recommend checking out the plugin’s FAQ as they cover when you are able to remove the plugin or when you would be unable to.

      管理者

  3. Frank the Man says

    Seems like this is outdated? I cannot find “Edit author slug” when I go to Edit user profile (I am logged in as Admin). Any new tips for this?

    • WPBeginner Support says

      You would want to ensure the plugin is installed and activated for the section to be visible.

      管理者

  4. Amanda says

    Thank you so much! I had no idea this plugin existed. Now, I have both more professional-looking (and SEO-friendly) author slugs and my usernames are fully private, so I don’t have to worry about would-be hackers. It was the one thing my security plugin didn’t seem to deal with, so I’m very pleased.

    I can also confirm that this plugin works with the latest version of WordPress, even though it technically hasn’t been tested for it (last update was a year ago). I guess when a plugin works, it works.

  5. Bishwambhar Sen says

    Thanks for this post! My author slug was something like myname_somerandomcharcter and since it was my username i couldn’t even change it and all my posts had this author slug. SEO analysis would reveal this slug as SEO unfriendly URL. Now I have changed it using this plugin! Thanks again!

  6. Tony says

    Great article, I have a problem though.

    I set a custom structure in the permalink settings to article/%postname%/. However it also affects my author pages and now I’m left with article/author/%author%.

    Please can you help?

  7. Phil says

    Hi there

    Thanks for this article. Is it possible to do the following:
    [URLs are examples]

    I have a site xyz.com. Under the URL xyz.com/site1/site2 i have the posts from wordpress. If i open now the Post the url is like xyz.com/{postname} but i’d like to have xyz.com/site1/site2/{postname}

    Can you help me?

    BR
    Phil

    • Marven says

      You are only able to create a URL which consists of the PRIMARY category and the post name.
      Head over to Settings->Permalinks and choose “custom structure”. In the your can click on the buttons below the input field or paste the following:
      /%category%/%postname%/

  8. Matt says

    Quick question about old URLs and search engines. Since I’ve been using this site for about 11 years, I know the old author URLs are in the search engines and possibly other places as well.

    Shouldn’t we add a redirect to .htaccess so all old links are redirected to the new author URL?

    Thank you for your advice.
    -Matt

  9. madhavi jha says

    You add this in your theme function.php
    global $wp_rewrite;
    $wp_rewrite->author_base = “member”; // or whatever
    $wp_rewrite->flush_rules();

  10. Ann says

    OMG, a lifesaver! A hacker used my exact (and weird) username. I finally figured out that it was being displayed in author/username (even though Woo Canvas asks me how I want to display my name), and this is the only post (I’ve been searching hours) to offer a simple solution for a non-programmer. I love you, WPBeginner….

  11. ferdicon says

    Must Plugin be used to change User Slug, too many plugin can really cause your wordpress site to become slow in loading

返信を残す

コメントありがとうございます。すべてのコメントは私たちのコメントポリシーに従ってモデレートされ、あなたのメールアドレスが公開されることはありませんのでご留意ください。名前欄にキーワードを使用しないでください。個人的で有意義な会話をしましょう。