Trusted WordPress tutorials, when you need them most.
Beginner’s Guide to WordPress
WPBカップ
25 Million+
Websites using our plugins
16+
Years of WordPress experience
3000+
WordPress tutorials
by experts

11+すべてのWordPressブログが持つべき重要なページ (2024)

編集メモ: WPBeginner のパートナーリンクから手数料を得ています。手数料は編集者の意見や評価に影響を与えません。編集プロセスについて詳しく知る。

最近ブログを始めたのなら、ブログで最も重要なページが何なのか気になるかもしれない。

ブログ投稿はあなたのサイトの主役ですが、読者にあなたに関するより多くの情報を提供するための他のページも必要です。また、これらのカスタマイザーページを使って投稿者のオーソリティーを築いたり、あなたのコンテンツについてよくある質問に答えたりすることもできます。

この投稿では、WordPressブログが持つべき最も重要なページを紹介します。

Important pages each WordPress site should have

なぜWordPressブログにページを追加するのか?

WordPressには、投稿とページという2つのコンテンツタイプが初期設定されています。投稿はブログの記事を書くために使用されますが、ページは通常のブログ投稿スケジュールにはない静的なコンテンツを作成するために使用されます。

問題は、ブログ投稿フォーマットに適さない情報もあるということだ。お問い合わせフォームを専用のお問い合わせページにインサーターし、ナビゲーションメニューにリンクさせる必要があります。

そうすれば、ユーザーはあなたに連絡する方法を探すために、あなたのコンテンツをすべて探し回る必要がなくなる。

場合によっては、潜在的なビジネス・パートナーにあなたのブログをよりプロフェッショナルに見せるカスタマイザー・ページを作成することもできる。

プロのアドバイス 自分でサイトを作る時間がない?すべて私たちの専門家にお任せください。詳しくはWordPressサイト制作サービスをご覧ください。

とはいえ、あなたのサイトに必ず必要で重要なページをいくつか見てみましょう。下のクイックリンクから特定のセクションに飛ぶことができます:

1.ホームページ

当たり前のことのように思えるかもしれませんが、WordPressブログで最初に用意しなければならないページはホームページです。通常、新規訪問者が最初にあなたのサイトにたどり着く場所です。

通常、ブログのトップページは、すべてのブログ投稿を時系列に表示するだけです。こうすることで、読者は最新のコンテンツをすぐに見ることができる。

しかし、今日、多くのブログは、ブログページをホームページから区切り、代わりに静的なフロントページを使うことを選択している。

ブロガーがブログをオンラインビジネスに成長させ、起業家としてのブランド確立に集中したい場合は特にそうだ。

Example of a static homepage in a blog

どのタイプのホームページを選ぶにしても、新規訪問者があなたについてさらに詳しく知ることができるよう、魅力的でユーザーフレンドリーなものにしましょう。また、この機会に最も人気のあるコンテンツを紹介することもできます。

ホームページの作り方については、カスタムホームページの作り方の投稿をご覧ください。

2.ページについて

アバウトページでは、あなたのWordPressサイトを支える人々、サイトの目的、使命、価値観、そしてユーザーがあなたのブログに期待することをユーザーに伝えることができます。これは、インターネット上のほとんどすべてのサイトに不可欠なページです。

このページでは、あなたのブログのニッチに関連するあなたの経歴を説明することで、人々に紹介するだけでなく、読者との信頼関係を築くこともできる。

このページの名前は、ビジネスブログか個別ブログかによって、”About Us “または “About Me “とすることができる。

WPBeginner's About Us page

3.連絡先ページ

読者や潜在的なビジネス・パートナーは、ブログに公開コメントを残さずにあなたと連絡を取りたいと思うことがあります。そこで、コンタクトページの出番となる。

このページでは、便利なお問い合わせフォームを使って、ユーザーが素早く簡単にメッセージを送ることができます。また、他の方法で連絡を取りやすくするために、メール・アドレス所在地マップ、ソーシャルメディアのプロフィールも追加することができます。

Contact page

4.ここからページ

ブログが古くなるにつれ、トップページで紹介するコンテンツも増えてきます。そのため、新規ユーザーはあなたのブログを最大限に活用する方法について少し戸惑うかもしれません。そこで、「ここから始める」ページが役に立ちます。

Start here page

このページの目的は、新規ユーザーに最も価値のあるコンテンツを紹介することです。これにより、ユーザーはあなたのコンテンツからどのような利益を得ることができるのか、また最初にチェックすべきリソースについて明確なアイデアを得ることができます。

WPBeginnerのStart Hereページで、新規ユーザーとのエンゲージメントにどのように利用しているかをご覧ください。

5.免責事項のページ

WordPressブログからオンラインでお金を稼ぐなら、免責事項のページを追加する必要があります。これは、あなたがブログからお金を稼ぐ方法についてユーザーに知らせることができる場所です。

例えば、バナー広告を表示したり、アフィリエイト商品を宣伝したりする場合は、あなたのコンテンツがこのように収益化されていることをユーザーに知らせることができます。

免責事項のページが重要な理由は、読者に対する透明性と信頼性を維持できるからです。さらに、あなたのブログが法的要件に従っていることを示し、将来起こりうる問題を回避するのに役立ちます。

WPBeginnerの免責事項のページを見て、インスピレーションを得てください。

6.カスタム404ページ

初期設定では、WordPressは読者がリクエストした特定のコンテンツが見つからない場合、自動的に404エラーページを表示します。

Typical 404 error page

404ページは非常に特殊な機能を果たしているが、見た目が地味で、読者にとってあまり役に立たないこともある。

無地のページをカスタマイザー404エラーページに置き換えることで、ユーザーがコンテンツを発見し、閲覧を続ける機会を増やすことができます。

詳しい手順については、WordPressで404ページのテンプレートを改善する方法の投稿をご覧ください。

7.アーカイブページ

アーカイブページには、基本的に公開したブログ投稿がすべて含まれています。ユーザーにとっては、サイトの個別ページを見なくても古いコンテンツを探すことができる便利なページです。

WordPressは、投稿日:すべてに基づいて自動的にアーカイブページを作成します。しかし、それらは最もユーザーフレンドリーではないかもしれません。

自分でアーカイブページを作りたい場合は、カスタムアーカイブページの作り方や WordPressでコンパクトなアーカイブページを作る方法をご覧ください。

The WPBeginner custom archive

8.広告掲載ページ

多くのブログは、コンテンツの収益化を広告だけに頼っている。最も簡単な方法は、Google Adsenseに登録することだ。しかし、広告主に直接広告枠を売ることもできる。

そのためには、利用可能な広告スポット、月間平均ページ表示回数、オーディエンスの属性などの情報を掲載した広告ページを作成する必要があります。広告主がすぐに連絡できるように、最後にお問い合わせフォームを追加することをお忘れなく。

WordPressサイトに広告を表示・管理するには、広告管理プラグインが必要です。

AdSanityは、インストール型の広告でもGoogle Adsenseのようなサードパーティの広告でも、簡単に広告を管理することができるので、私たちはAdSanityの使用をお勧めします。

Example of Advertise page

9.製品/サービスページ

最近では、多くのブロガーが自分のサイトにオンラインショップを開設している。

そのためには、WooCommerceのようなeコマースプラットフォームが必要で、商品用のショップページを作成する必要があります。

あるいは、代わりにサービスを提供したいのであれば、サイトのどこかにサービスのページかセクションを作るべきだ。

また、すべての商品やサービスを掲載する親ページと、個々の項目の詳細を掲載する子ページを作成することもできます。

Example of a Shop page in a blog

10.プライバシーポリシーページ

プライバシーポリシーのページでは、サイトで収集するデータ、およびユーザーや他の第三者がこのデータをどのように使用するかについてユーザーに知らせます。

ユーザーデータを収集していない場合でも、サイトページのサードパーティツール(Googleアナリティクスなど)はCookieを設定することができます。Google Adsenseを使用している場合は、サイトにプライバシーポリシーのページを追加する必要があります。

プライバシーポリシーのテンプレートやジェネレータは、オンライン上で多数見つけることができます。また、当社のプライバシーポリシーのページをご覧いただき、ご自身で作成することもできます。

11.利用規約のページ

ブログビジネスを運営していなくても、利用規約のページは必要不可欠です。サイト上で提供した情報や製品・サービスが悪用された場合の責任を制限するために利用することができる。

その他、このページでは著作権や商標の観点からコンテンツを保護し、コンテンツに対する権利を守ることができます。

ブログは何ページ持つべきか?

私たちは、すべてのブログが持つべき11のページを特定しました:ホームページ、アバウトページ、コンタクトページ、スタートヒアページ、免責事項ページ、404ページ、アーカイブページ、広告掲載ページ、製品/サービスページ、プライバシーポリシーページ、利用規約ページ。

とはいえ、WordPressブログに設置することをお勧めするページもあります:

  • Write for Usページ– もしあなたのブログでゲスト投稿を受け入れているのであれば、このページを作成し、ユーザーにブログ投稿を送信してレビューしてもらうことができることを知らせるべきである。
  • 投稿者ページ複数の投稿者がいるブログを運営している場合に便利なページです。ユーザーは各作家についてさらに詳しく知ることができ、ブログのニッチな分野での専門性を知ることができます。
  • おすすめやリソースのページ– 多くのブロガーは、アフィリエイト商品をおすすめすることで収入を得ています。このページは、ユーザーがあなたのトップ商品をすべて見つけやすくすることができます。WPBeginnerソリューションセンターを参考にしてください。
  • ポートフォリオページ– あなたの最高の作品を読者に紹介したいですか?もしそうなら、写真やビデオ撮影、デザインなどの作品を展示するポートフォリオページの作成を検討してみてください。
  • 最近のコメントページ– コメントのエンゲージメントを高めたいのであれば、このページを使ってユーザーにブログ投稿に関する最新の会話を見せることができる。
  • FAQページ– 読者からよく寄せられる質問に答え、あなたのことをもっと知ってもらうためのページです。区切りでFAQページを作成するか、「会社概要」ページにFAQセクションを追加してください。

この投稿で、WordPressブログに設置すべき重要なページについてご理解いただけたでしょうか。また、WordPressで最もコメントされた投稿を表示する方法についてのガイドと、WordPress関連投稿プラグインのエキスパートによるベストピックもご覧ください。

If you liked this article, then please subscribe to our YouTube Channel for WordPress video tutorials. You can also find us on Twitter and Facebook.

情報開示 私たちのコンテンツは読者支援型です。これは、あなたが私たちのリンクの一部をクリックした場合、私たちはコミッションを得ることができることを意味します。 WPBeginnerの資金源 をご覧ください。3$編集プロセスをご覧ください。

Avatar

Editorial Staff at WPBeginner is a team of WordPress experts led by Syed Balkhi with over 16 years of experience in WordPress, Web Hosting, eCommerce, SEO, and Marketing. Started in 2009, WPBeginner is now the largest free WordPress resource site in the industry and is often referred to as the Wikipedia for WordPress.

究極のWordPressツールキット

ツールキットへの無料アクセス - すべてのプロフェッショナルが持つべきWordPress関連製品とリソースのコレクション!

Reader Interactions

21件のコメント返信を残す

  1. Syed Balkhi says

    Hey WPBeginner readers,
    Did you know you can win exciting prizes by commenting on WPBeginner?
    Every month, our top blog commenters will win HUGE rewards, including premium WordPress plugin licenses and cash prizes.
    You can get more details about the contest from here.
    Start sharing your thoughts below to stand a chance to win!

  2. Raja says

    I would want to understand if i should treat FAQ as a page or a Post, as i have prepared FAQs under different topics (for e.g. dog food, dog toys, dog medicines etc). I am planning to use Schema Pro plugin to get the benefit of rich snippets/structured data.Please advise, should i use Schema under a FAQ Page (I can create a FAQ Page with different TABs) or Create posts and stick them to different categories like dog food, dog toys, dog medicines etc and link the category to a FAQ page.

    Please advise what is the appropriate way of having an FAQ – Page or Post?

    • WPBeginner Support says

      We normally recommend having your FAQ as a page and if you wanted to change it to posts that would be a personal preference question

      管理者

  3. Mudasir abbas says

    I really appreciate u
    Even I am able to make complex plugin and them
    Till now I had no idea why we need actually pages for
    Good job very best article
    I really appreciate you
    If was able to give you a copy of mug onle I would done it now

  4. Alex Grieves says

    How many blog would you say your site needs to have before it begins to move up the search rankings?

  5. Steven Row says

    Enjoyed reading the article above , really explains everything in detail,the article is very interesting and effective.Thank you and good luck for the upcoming articles

  6. Neal Umphred says

    WPBEGINNER

    Thanks! Because of this article, I made the following changes to my sites:

    1. Added an ABOUT page.

    2. Added a contact page using WPForms Lite.

    3. Added a SEARCH option to my 404 Error page.

    4. Deactivated my ever-lengthening ARCHIVES widget. (I would consider using an archives widget if it just listed the years, each year with a drop-down menu with the months.)

    Each of these changes improved the functionality and/or look of my sites.

    Now I have a question: I have a HOME page with a general introduction to each site. Would it be more helpful to new readers of my sites to change the title from HOME to START HERE?

    Keep on keepin’ on!

    NEAL

    • WPBeginner Support says

      Hi Neal,

      It depends on how successful the Home page is in introducing users to your content and keeping them on your website. If you feel that a new page will do a better job of it, then give it a try.

      管理者

返信を残す

コメントありがとうございます。すべてのコメントは私たちのコメントポリシーに従ってモデレートされ、あなたのメールアドレスが公開されることはありませんのでご留意ください。名前欄にキーワードを使用しないでください。個人的で有意義な会話をしましょう。